SEARCH

PAGETOP

カリキュラム詳細

B群「生命機能学」実施要領

基本方針

1、2年次に、自身の研究テーマに関して異なる研究室のメンバーと討論することにより異なる視点から自身の研究を見直す機会を作る。

実施形態

副指導教員へ自身の研究の進捗状況を報告し討論を行ったうえで助言を得る。また2年次学年末の中間発表前の練習を行い、発表の洗練化を行う。

実施時期

副指導教員決定直後(1年次8月頃)、学期はじめ、学期終わりなど、年2回実施する。なお、個別に必要がある場合は3回目以降を実施することも可能とする。

成績評価方法

所定の様式により、学生から直接副指導教員に実施依頼を行う。副指導教員は、実施の都度、所定様式にて大学院係に実施報告を行う。

PAGETOP