SEARCH

PAGETOP

生命機能研究科とは

研究科長からのメッセージ

大阪大学 大学院生命機能研究科 研究科長

大阪大学大学院生命機能研究科は、生命のしくみを研究するところです。あなたがこの文章を読んでいるということは、恐らく生命や研究に興味があるのではないかと思います。当研究科を受験する人達に志望理由を聞くと、研究がしたいからと言う答えがよく返ってきます。では研究っていったい何でしょう。病気を治すための研究や災害から社会を守るための研究もありますが、本来的には知的好奇心に基づき人間がまだわかっていないことを「研ぎ澄まし究めること」つまりは本質を理解することを目指すものです。生命機能研究科は、生命という大いなる謎に対して、なぜ?どうなっているの?という根源的な問いかけを行ういわゆる基礎研究の場です。

ここ何年か日本からノーベル賞が次々と出て喜ばしい限りです。2016年のノーベル生理学医学賞を受賞された大隅良典博士(東京工業大学栄誉教授)が興味深いことを言われています。「役に立つか立たないかわからない研究が尊い。」私も同感です。研究という知の地平における探検では、役立つかどうかに捕らわれていると道は拓けません。そして役に立つかどうかわからないけれど真理を探究した研究から大きな発見が生まれ、本当に役立つ技術が導かれます。大隅博士の研究対象であるオートファジーは今、多くの疾患を抑制していることが判り医学的応用が期待されています。博士らによる分子機構の解明があったから判ったことですが、当初は予想もされていませんでした。

人間性に深く根ざす、知りたいという欲求を原動力とする研究活動=科学は、文化であり人類共通の財産です。我々人類は数千年に亘って営々とひとつずつ発見を積み上げ、壮大な知の伽藍を築き上げてきました。それは目に見えませんが、未完成の美しくも厳かな大建築です。バルセロナにあるサグラダファミリア教会のような。そこには役に立つかどうかを超えた大きな価値があります。さあ、一緒に知の伽藍に煉瓦を積み上げませんか?

そして生命機能研究科は「おもろい研究」を標榜しています。そうなんです、研究は実はおもろいんです。なぜおもろいのか、どうおもろいのか、それは内緒です。入学して自分で見つけて下さい。当研究科には「おもろい」がゴロゴロ転がっています。見ようとしないと見えませんが。

生命機能研究科概要

「生命」は子供が自然に触れて感じる純粋な不思議と驚きに満ちた世界。
私達がめざす生命機能研究科はその「生命」がシステムとして実現するあらゆる機能について、その原理と機構を解明する科学です。

当研究科は、生命科学の最先端を切り開くリーダーの育成を目指す研究機関です。近年、生命科学の分野にはゲノム情報の解読、ゲノム編集など大きな技術革新が相次ぎ、医薬・農業・材料工学などへ、従来では予想できない形での応用の可能性が広がり、またその一方で、生命の根源に迫る問いのいくつかが解決されようとしています。研究手法も高度化し、これまでの、遺伝学、生化学が主体のいわゆる「生物学」から光工学、情報工学、ロボット、AI等の他分野の先端技術を利用する複合的な分野へと変化しています。このような生命科学の新時代に対応するため、本研究科では、幅広い分野の教授陣を揃え、医学、工学、理学を融合した環境で5年一貫性の教育を行い、想像力に優れ、自分の研究で世界を切り開いていける、新時代のリーダーとなるべき人材を育てます。

多彩な視点や専門を持った人々の「これおもろいな!」という発想を集めて、「生命」の探求と可能性の追求を。
心から「おもろい!」と思える研究が、あなたを待っています。

2020年度入試説明会における研究科長挨拶

PAGETOP