SEARCH

PAGETOP

2020.7.3 その他 2020年度、RNA生体機能研究室、廣瀬哲郎教授の研究グループが加わりました。

この春の混沌とした最中、廣瀬哲郎教授率いる研究グループ、 RNA生体機能研究室が北海道より引っ越して来られました!
廣瀬研では、ncRNAの中でも核内構造体の骨格として働く、構造体構築RNAに注目、長らく謎に包まれていたncRNAの新規機能に迫る研究に取り組まれています。
ラボの研究環境も今ではすっかり整い、阪大理学部学部生さん、北大からの院生やスタッフの方々ともに研究が日々展開されています。

研究室のモットーは「3度の飯よりRNA」❣とのこと。
廣瀬教授は周りの研究者の方々とのディスカッション、楽しみにされているそうです。
大阪に来られての感想は「意外にも関西弁がコテコテでない!?」こと。ご趣味の野鳥やトンボも大学キャンパスで見かけられてニッコリ^^

下記、先生からのメッセージです。
「ncRNAの機能は、あらゆる生命現象に関わっていると思います。
ぜひ生命機能の皆さんと交流しながら、若い学生さんと一緒に
未だ謎に満ちたncRNAの世界を解き明かしていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。」

PAGETOP