SEARCH

PAGETOP

FBSコロキウム 268回理研BDR 発生幾何研究チーム

講演

器官形態形成則の解明を目指して

森下 喜弘(チームリーダー (理研), 招へい准教授(阪大))

日時 2021年5月27日(木)12:15〜13:00
場所 Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なミーティングリンク、ID、パスワードは事前に、関係者へメールにてご連絡致します。
言語 日本語
世話人

世話人:青木 高明 招へい准教授
TEL:06-6872-4810
E-mail:t_aoki[at]riken.jp

器官形態形成則の解明を目指して

分子生物学アプローチは、器官発生に必須な遺伝子群の解明に成功した。他方で、器官の形が出来上がる過程は物理プロセスであり、その理解のためには異なるアプローチが必要となる。組織変形動態の定量解析は、その物理過程を明らかにする上で非常に重要な出発点となる。いったん組織変形写像が明らかになると、例えば、大きさや形の異なる相同器官の形成過程に対して、局所変形量の時空間パタンの比較によって、その共通性や相違性を定量的に議論可能となる。さらには、変形動態と組織内応力場の関係性を調べることで、両者の関数関係(構成則)を知ることが可能となるだろう。本セミナーでは、前脳、心臓、四肢の(初期)発生過程を対象に、これまでに行ってきた組織・細胞動態の定量・数理解析から、種間や器官間に共通する動態やルールに関して明らかになってきたことを紹介する。

PAGETOP