SEARCH

PAGETOP

脳神経工学講座

視覚神経科学研究室

大澤 五住 教授 大澤 五住 教授

キーワード:

視覚、神経細胞、視覚情報処理、脳

個々の神経細胞が伝える視覚情報を解明する

大量の情報処理を高度にかつしなやかに行う脳を、個々の神経細胞の機能にまで立ち返って研究しています。私たちが目から受けとる視覚情報は知覚として自覚できますが、脳の機能要素である神経細胞1個は何を見ているのでしょうか?正確に言えば、個々の神経細胞の「発火」により、どのような情報が伝えられているのでしょうか?視覚情報処理を数式で書けるくらいに厳密に知るためには、個々の細胞の機能から脳を理解することが必要です。さらに、多くの神経細胞に分散して表現されている情報をまとめる方法の解明も重要です。これは従来の生物学や医学の知識だけでは理解できません。実験的手法と計算論的な手法を組み合わせ、これまでのアプローチでは難しかった視覚情報処理の詳細を研究しています。

視覚神経系研究のための実験システム

メンバー

大澤 五住 教授 ohzawa[at]fbs.osaka-u.ac.jp
佐々木 耕太 助教 kota[at]fbs.osaka-u.ac.jp
藤岡 祥代 事務補佐員(秘書) fujioka[at]fbs.osaka-u.ac.jp

研究者の詳細を大阪大学研究者総覧Research Mapで検索できます。

  • ※メールアドレスの[at]は@に変換してください

Q&A

現在注目しているテーマは何ですか?
中高次視覚野細胞が表現する情報について、多数の細胞からの同時記録により解明を目指している。
最新のブレイクスルー、研究成果について教えてください。
神経回路網により、高次の神経細胞はより低次の細胞からの信号を集めるが、通常多くの細胞を集めるほど視覚野の神経細胞の選択性は失われると思われてきた。しかしながら、それが必ずしもそうではなく、多数の低次の細胞からの信号を集めることにより、神経細胞の別パラメーターへの選択性が、よりシャープになる場合があることを発見した。
どのようなバックグラウンドを持つメンバーで研究をすすめていますか?
さまざまな解析法、とくに数学的あるいは解析的な手法を身につけているメンバーが重要な役割を果たした。
研究室から巣立った人たちはどのような道を歩まれていますか?
研究者として、国内外で脳に関係する研究を行なっている。電機・情報系の企業に就職した卒業生が多く、修士はもちろんのこと、博士修了者も企業で活躍中である。

研究成果

論文、総説、著書

2020年

Kanda Y, Sasaki KS, Ohzawa I, Tamura H

Deleting object selective units in a fully-connected layer of deep convolutional networks improves classification performance

arXiv 2001.07811  2020

2019年

Watanabe M, Okada KI, Hamasaki Y, Funamoto M, Kobayashi Y, MacAskill M, Anderson

Ocular drift reflects volitional action preparation.

Eur. J. Neurosci. 50(2)  2019 PMID:30719791 DOI:10.1111/ejn.14365

2016年

Kenjiro Michimoto, Yasuyuki Suzuki, Ken Kiyono, Yasushi Kobayashi, Pietro Morasso, Taishin Nomura

Reinforcement learning for stabilizing an inverted pendulum naturally leads to intermittent feedback control as in human quiet standing

Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2016 IEEE 38th Annual International Conference 37-40  2016 PMID:28268275 DOI:10.1109/EMBC.2016.7590634

Ken-ichi Okada, Yasushi Kobayashi

Reward and Behavioral Factors Contributing to the Tonic Activity of Monkey Pedunculopontine Tegmental Nucleus Neurons during Saccade Tasks

Frontiers in Systems Neurosci. 10  2016 PMID:27891082 DOI:10.3389/fnsys.2016.00094

Fumika Mori, Ken-ichi Okada, Taishin Nomura, Yasushi Kobayashi

The pedunculopontine tegmental nucleus as a motor and cognitive interface between the cerebellum and basal ganglia

Front. Neuroanat. 10  2016 PMID:27872585 DOI:10.3389/fnana.2016.00109

Kato D, Baba M, Sasaki KS, Ohzawa I.

Effects of generalized pooling on binocular disparity selectivity of neurons in the early visual cortex.

Philos. Trans. R. Soc. B-Biol. Sci. 371(1697)  2016 PMID:27269609 DOI:10.1098/rstb.2015.0266

NEWS

求める人物像(学生の方へ)

当研究室の研究内容に興味があり、研究をしたいという強い意欲のある方。生き物が好きな方、細かな手作業やモノづくりが好きな方も歓迎します。出身大学や出身学部は一切問いません。

連絡先

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-4
大阪大学大学院生命機能研究科 CiNet棟2階 視覚神経科学研究室
TEL: 06-6879-4434
E-mail: ohzawa[at]fbs.osaka-u.ac.jp(大澤 五住 教授)

  • ※メールアドレスの[at]は@に変換してください

PAGETOP