• HOME
  • 拠点紹介
  • オルガネラネットワーク医学とは

オルガネラネットワーク医学とは

生命科学の分野では、ゲノム、プロテオーム、グライコームなどの網羅的解析を通して、個々の分子機能の解明や分子間相互作用の理解が急速に進み、その発展形として、システムバイオロジーなどの技法が取り入れられ、生命をシステムとして理解しようとする試みが進められています。しかし現在の解析は主に分子ネットワークのレベルに留まっています。生命の基本単位である細胞の機能をシステムとして理解し、その破綻として起こる様々な病態の本質を解明し、治療に結び付けていくためには、細胞を構成する分子機能集合体であるオルガネラ間コミュニケーション、つまり、オルガネラネットワークを理解することが必須となります。

本拠点では、様々なオルガネラを対象として研究する細胞生物学、オルガネラネットワークの構築に必須の役割を果たす糖鎖サイクルを研究する糖鎖生物学、オルガネラネットワークを極めて巧に利用して子孫を増やそうとする病原体と宿主細胞のインターフェイスを研究する感染症学を融合することにより、オルガネラネットワーク医学と呼ぶべき、新しい医学の分野を開拓し、その成果を基盤として、感染症、神経筋疾患、免疫疾患、癌、生活習慣病や老化など、従来の分子レベルの解析のみでは解明できない、多くの因子や環境が複雑に絡み合う病態の解明と治療に新たな視点の導入と展開を可能にする、世界で唯一の教育研究拠点の樹立を目指しています。

研究戦略:今なぜオルガネラネットワークが医学に重要か?