構成員 >> 中野 賢

中野 賢
大阪大学大学院生命機能研究科 招聘准教授
大阪大学未来戦略機構 特任准教授

[Google Scholar]

学会活動等

  • Symposium chair, Molecular, biological and multiscale communication, IEEE Globecom 2018
  • Guest editor, Mobile Networks and Applications, 2017
  • Track chair, IEEE SPAWC 2017
  • General co-chair, BICT 2017
  • Chair, IEEE Emerging Technology Subcommittee on Nanoscale, Molecular and Quantum Networking, since 2016
  • General co-chair, BICT 2015
  • Founding editor, IEEE Transactions on Molecular, Biological, and Multi-Scale Communications, since 2014
  • Associate editor, IEEE Transactions on NanoBioscience, since 2014
  • Guest editor, Nano Communication Networks, 2014
  • Program co-chair, ACM NANOCOM 2015
  • Program co-chair, BICT 2014
  • Short Paper/Poster co-chair, ACM NANOCOM 2014
  • Session co-chair, APMC 2014
  • Symposium chair, Nanoscale, Molecular, and Quantum Networks, IEEE ICC 2014
  • Track chair (Nano Communication Networks and Systems), Bodynets 2013
  • Area associate editor, Area 8: Nano, Molecular, and Quantum Networking, IEEE JSAC 2012
  • Workshop chair, Bodynets 2012
  • TPC chair, IEEE MoNaCom 2012
  • Steering committee member, Bionet/BICT, since 2011
  • Editor, Elsevier Nano Communication Networks, since 2010
  • Workshop organizer, NSF Workshop on Biological Communications Technology 2008
  • TPC members for over 70 international conferences, since 2006

外部資金獲得状況(2010年以降)

  • 科学研究費補助金基盤研究A、分子通信の国際標準化と医療応用、2017-2021年度(予定)
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究、生体内モバイルバイオナノセンサネットワークの設計と実装、2016-2017年度
  • 科学研究費補助金基盤研究A、分子通信技術の体系化、2013-2016年度
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究、匿名性を利用したネットいじめの数理モデル化と分析、2013-2014年度
  • 倉田記念日立科学技術財団研究助成、ソーシャルメディアにおけるネットいじめ問題の分析とモデル化、2013年
  • 大川情報通信基金研究助成、インターネットデータセンタのグリーン化に関する研究:経済学的アプローチ、2013年
  • 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究、インターネットマーケット理論:新たな経済基盤の創出に向けた挑戦的萌芽研究、2011-2012年度
  • 柏森財団研究助成、自律分散エージェントによるインターネットデータセンタのグリーン化に関する研究、2011-2012年
  • 戦略的情報通信研究開発推進制度 (SCOPE)・若手ICT研究者育成型研究開発、分子通信による新しいICTパラダイムの創生, 2010-2012年度
  • 科学研究費補助金若手研究A、生体親和性を有する新しい通信システムの設計と試作、2010-2012年度
  • 中島記念国際交流財団研究助成、生物の発生過程に着想を得た次世代ネットワークシステムの自己組織的設計手法、2010年
  • マイクロソフト産学連携研究機構 (IJARC)共同研究プロジェクト (CORE), A Network Architecture and Protocols for Molecular Communication: A Biologically Inspired Nanoscale Networking Paradigm, 2010年

研究業績

  • 分子通信関連 [Publications]
  • ソーシャルネットワークやリソースマーケット関連 (準備中)
  • バイオインスパイアードネットワーク関連(準備中)
  • その他(準備中)