logo.png
     
bottonmokuji.pngbottonhajimeni.pnggotokondolabo.pngwhoamI.png
Scientific Documents
26:進化の謎を迷探偵が推理する
25:ネコでもわかるチューリングパターン
24:科学研究と大阪漫才
23:細胞の鬼ごっこが模様作る動物の皮膚模様
22:工務店細胞が建設する深海のスカイツリー
21:貝職人が語る「生物の形づくり」のミステリー
20:超絶「逆折り紙」の究極奥儀を極める話
19:大学改革はやらない方が良い?
18:イミテーションゲームのフィクションとノンフィクション
17:梃子の原理で理解する?人体の物理学
16:ジャイアントパンダの逆襲
15:波紋使いのマウスに学ぶ超画期的ハゲ治療法
14:シマウマの縞の謎を解く
13:科学者はみのもんたに勝てるのだろうか?
12:全ての植物をフィボナッチの呪いから救い出す
11:誰がアラン・チューリングを殺したのか?
10:吾輩はキリンである 模様はひび割れている
9:共同参画 応募の資格 互角の評価は得られるか
8:アメーバは、らせん階段を登ってナメクジに進化する
7:生命科学でインディ・ジョーンズしよう(後編)
6:生命科学でインディ・ジョーンズしよう(前篇)
5:白亜紀からの挑戦状 (異常巻きアンモナイトの謎)
4:育てよ亀 でも、どうやって?
3:コンドルは飛んでいる メンデルは跳んでいる
2:生命はシステムとして理解できるか?
1:論文や申請書におけるジンクピリチオン効果について 

このコラムが本になりました。絶賛?発売中です。
このHPに載っていない内容も含まれています。
      


Docments about MBSJ2013 (分子生物学会2013年会関連記事)

14:ロボットクラウドバイオロジー研究所 (2050年シンポ優勝作品 by 谷内江望)
13:「大先生のポートレートでアートする」結果報告!
12:MBSJ2013、年会長から会員への公式メール(12/16) =11の公式version=
11:ゼーレベ(分生)は大洋を渡り丘に登ったか?(12/16) =12のヘルシングversion=
10:ガチ議論パネリストよりのコメント「生命科学者の皆さん、かかってこんかい!」(11/20)
9:2050年シンポジウム パフォーマーの横顔と気合いのコメント(11/20)
8:幻の企画「大先生のポートレートでアートする」実現へ(11/20)
7:2050年シンポジウム ネタandパフォーマー募集(11/10)
6:大昼食会の使い方(10/30)
5:2億4千万のアート企画とガチ議論
4:来年(2013)の分子生物学会は嵐を呼ぶぜ!
3:学会なんかいらない!
2:ジンクピリチオン祭り in MBSJ2o11
1:論文や申請書におけるジンクピリチオン効果について