Home
English Site Map
研究科長挨拶 研究科概要 研究室案内 催し/報道発表 入試関連 アクセスマップ 掲示板 研究科内専用 リンク集
Home > 研究室案内
個体機能学講座 病態医科学研究室(下村研究室)
ナノ生体科学講座
ソフトバイオシステムグループ
プロトニックナノマシングループ
細胞内情報伝達研究グル−プ

細胞ネットワーク講座
代謝調節学研究室
細胞内分子移動学グループ
形態形成研究グループ
染色体複製研究室

時空生物学講座
遺伝学研究室
病因解析学研究室
心生物学グループ
細胞構造研究グループ

個体機能学講座
免疫発生学研究室
発生遺伝学グループ
細胞機能学グループ
病態医科学研究室

脳神経工学講座
視覚神経科学研究室
脳システム構築学研究室
認知脳科学研究室
細胞分子神経生物学研究室
神経可塑性生理学研究室

生体ダイナミクス講座
生理学研究室
非平衡物理学研究室
機能プロテオミクス研究室
ナノ・バイオフォトニクスグループ

生命理工学講座(協力講座)
分子遺伝研究分野
細胞間コミュニケーション研究室
情報伝達分野
蛋白質情報科学研究系
生体触媒科学研究室
プロテオーム物質創製研究系
超分子構造解析学研究系

寄附講座
免疫制御学(中外製薬)
ナノデバイス基礎(オムロン)

兼任・客員教官
兼任教官リスト
客員教官リスト

  研究室メンバー

下村 伊一郎 教授 ヒトの疾患治療につながる新しい何かを見つけ完成させ、実際の医学応用まで持っていくという作業を、いっしょに仕事をしてくれる仲間達と体現したい。野心に満ちた学生、研究員、共同研究グループ、企業と仕事をして、目標に邁進したい。
松田 守弘 研究生 1994年、大阪大学医学部を卒業後、循環器内科医を志し、4年間、臨床の現場で数多くの虚血性心疾患の患者さんを見てきました。そして、動脈硬化の背景にある肥満、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病から動脈硬化に至るメカニズムを明らかにし、患者さんの治療に役立てられないかと考え、1998年より医学研究の世界へ歩みを進めることになりまオた。2年間の米国留学も経験し、2002年は下村研でさらなる飛躍を目指します。
山田 幸男 研究生 2002年4月から武田薬品工業より共同研究員として派遣され、生活習慣病の分子生物学的解明を試みています。専門は、糖・脂質代謝、生理、栄養生化学。担当テーマは、生活習慣病によって変動する新規骨格筋由来因子の探索、食事に含まれ生理活性を有する核内受容体リガンドの探索、エネルギー代謝を調節する細胞内糖代謝産物の単離など。
古川 重忠 研究生 研究生の古川です。生活習慣病に関与する液性因子の探索を行っています。単純な性格なので、何か新しいモノがみつかる予感がします。 新しいモノから、新しい現象や概念、さらには新しい治療法を見いだすことができればと考えています。
北澤 秀文 研究生 2002年4月より、病態医科学研究室の研究生として所属しております。これまで、名古屋大学、東京工業大学、東京都立大学等、各地を転々として来て、大阪大学で4校目の大学生活となります。関西という土地も初めてなので、とても楽しみにしています。また、新たな環境で、新しい研究に取り組めることをうれしく思います。これであとは、良い研究成果が出せればいいのですが・・・。
島村 満 研究生 三共株式会社より共同研究でこちらの研究室に来ております。血中の中性脂肪を増加させる因子を研究しており、創薬のターゲットとして細胞による分子生物学的なメカニズムの解明、動物での評価およびヒトの高脂血症の原因となっているかの検査をする事を目的としています。会社では学術論文書きにくいので、こちらで論文が書ければ良いなと思っております。
岩城 正典 研究生 現在32歳。今年7月から製薬会社の共同研究員として、当研究室に派遣されました。下村先生、槙島先生のもとで新しいscienceを生み出し、創薬応用することを目標に励んでいます。新しい何か、新しい自分を追い求めて、生体メカニズムというジャングルの中を一緒に駆け巡りましょう。
中野 寛之

生命機能
研究科(D1)

中野です。他の学生より少し年齢を重ね、妻子持ちで、学部時代は化学を専攻していた私がなぜ、生命科学の門を叩いたか?それは化学と違ったダイナミックさに魅力を感じたからです。もちろん、将来性(甘くはないですが・・・)も計算に入っています。そして、なぜ、数ある生命機能研究科の講座の中で下村研究室を選択したのか?私の場合、研究内容よりも先生の人柄に魅力を感じたからです(点数稼ぎではありまん・・・)。今は分子生物学の基礎知識、基本テクニックを習得中。将来は、化学と生物の融合技術で生命現象を解き明かしていきたいです。
森田 健太郎

生命機能
研究科(D1)

私は、医学と水産の架け橋のような存在になりたいと考えています。個人的なことで、恥ずかしいことですが、下村研に来るまでの道のりはいろいろでした。大学を卒業してから、医学部の再受験を試みました。彼女もそっちのけで、勉強に没頭していました。ふと、気がつくと、遠恋も2年が過ぎ、彼女は就職、そして、もう入社2年目。自分の夢が砕けようとしていたとき、ふと過ぎ去った日々を思い出しながら、今までの自分のやりたかったこと、つまり、医学と水産の架け橋ということを再認識しました。そして、自分のやりたいことを達成する方法は、1つのアプローチだけではないと思い、生命機能研究科を受験。偶然にも、合格。おまけに、思いも寄らぬ、下村先生との出会いにより、まさしく、別のアプローチにより、医学と水産の架け橋になれるチャンスが訪れました。高校時代、バレーボール部に所属していて、少々肥満気味であったため、よく監督に腹の贅肉をつままれ、『肥満』という言葉を言われるのはもちろん、聞くのもいやだった、そんな自分が、今、脂肪細胞の研究に携わるとは、…。しかし、そんなこんなはあるけれど、今は、下村研で実験ができて本当に幸せに思っています。実家も…も関西だし、これ以上の幸せはないかもしれない。これからは、今という、その瞬間を精一杯、走り抜けたい。そのゴールの先は、新渡戸稲造、いやいや、そうではなくて、まず、下村先生、槇島先生、松田先生のようになりたい。
安達 竜太郎

医学系
研究科(M1)

安達竜太郎です。出身は京都府。男。1980年1月9日生まれ。水瓶座。血液型O型。京都大学総合人間学部卒業。好きな言葉は「急がばまわれ」。好きな女優は本上まなみ。好きな政治家は山崎拓。好きな作家は司馬遼太郎。好きな力士は魁皇。好きな役は七対子。好きな服はユニクロ。飲酒喫煙しません。7時半出勤にもだいぶ慣れました。だれかの役に立つような研究をできればいいと思っています。
金子 恵美

医学系
研究科(M1)

1978年8月30日生まれ。AB型。趣味は映画鑑賞と料理をする事(味は不明)。将来は、この研究室で学んだ研究姿勢と知識をいかして、困っている人の役に立てる仕事が出来ればと思っています。
小林 祥子 医学部
(5回生)
本学の医学部に在籍しており、現在5回生です。卒業後に臨床へ進むか基礎へ進むかまだ決められずにいますが、基礎研究に携わりたいという思いはあります。5回生になると学部では専ら臨床医学の勉強をする機会しかありませんので、カリキュラム外の時間を使って、基礎の勉強をできたらと願っていましたところ、この研究室に入れていただくことができました。学部の講義や実習、試験との両立は非常にハードですが、毎日、実験手技のみならず勉強の姿勢などについて新しいことを教えていただけるので、とても楽しいです。基礎研究とはどういうものなのかを少しでも知ることができればと願っています。
   


研究業績

  1. Shimomura, I., Funahashi, T., Takahashi, M., Maeda, K., Kotani, K., Nakamura, T., Yamashita, S., Miura, S., Fukuda, Y., Takemura, K., Tokunaga, T., and Matsuzawa, Y. (1996) Enhanced expression of PAI-1 in visceral fat: Possible contributor to vascular disease in obesity. Nature Medicine 2, 800-803.

  2. Shimomura, I., Takahashi, M., Tokunaga, K., Keno, Y., Nakamura, T., Yamashita, S., Takemura, K., Yamamoto, T., Funahashi, T., and Matsuzawa, Y. (1996) Rapid enhancements of acyl-CoA synthetase, LPL, and Glut-4 mRNA in adipose tissue of VMH rats. Am. J. Physiol. 270, E995-1002.

  3. Shimomura, I., Shimano, H., Horton, J. D., Goldstein, J. L. and Brown, M. S. (1997) Differential expression of exon 1a and 1c in mRNAs for sterol element binding protein-1 in human and mouse organs and cultures cells. J. Clin. Invest. 99, 838- 845.

  4. Shimomura, I., Bashmakov, Y., Shimano, H., Horton, J. D., Goldstein, J. L. and Brown, M. S. (1997) Cholesterol feeding reduces nuclear forms of sterol regulatory element binding proteins in hamster liver. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 94, 12354-12359.

  5. Shimomura, I., Hammer, R. E., Richardson, J. A., Ikemoto, S., Bashmakov, Y., Goldstein, J. L., and M. S. Brown. (1998) Insulin resistance and diabetes mellitus in transgenic mice expressing nuclear SREBP-1c in adipose tissue: model for congenital generalized lipodystrophy. Genes & Dev. 12, 3182-3194.

  6. Shimomura, I., Shimano, H., Korn, B., Bashmakov, Y., and J. D. Horton. (1998) Nuclear sterol regulatory element binding proteins activate genes responsible for entire program of unsaturates fatty acid biosynthesis in transgenic mouse liver. J. Biol. Chem. 273, 35299-306.

  7. Shimomura, I., Hammer, R. E., Ikemoto, S., Brown, M. S., and Goldstein, J. L. (1999) Leptin reverses insulin resistance and diabetes mellitus in mice with congenital lipodystrophy. Nature 401(6748), 73-6.

  8. Shimomura, I., Bashmakov, Y., and Horton, J. D. (1999) Increased levels of nuclear SREBP-1c associated with fatty livers in two mouse models of diabetes mellitus. J Biol Chem. 274(42), 30028-32.

  9. Shimomura, I., Bashmakov, Y., Ikemoto, S., Horton, J. D., Brown, M. S., and Goldstein, J. L. (1999) Insulin selectively increases SREBP-1c mRNA in the livers of rats with streptozotocin-induced diabetes. Proc Natl Acad Sci U S A. 96 (24), 13656-13661.

  10. Shimomura, I., Matsuda, M., Hammer, R. E., Bashmakov, Y., Brown, M. S., and Goldstein, J. L. (2000) Down regulation of IRS- 2 and Up-regulation of SREBP-1c leads to mixed insulin resistance and sensitivity in livers of lipodystrophic and ob/ob mice. Molecular Cell 6, 77-86.

  11. Matsuda, M., Korn, B.S., Hammer, R.E., Moon, Y-A., Komuro, R., Horton, J.D., Goldstein, J.L., Brown, M.S. and Shimomura, I. (2001) SREBP cleavage-activating protein (SCAP) is required for increased lipid synthesis in liver induced by cholesterol deprivation and insulin elevation. Genes & Dev. 15, 1206-16.

  12. Kishida, K., Shimomura, I. (Corespondent author), Kondo, H., Kuriyama, H., Makino, Y., Nishizawa, H., Maeda, N., Matsuda, M., Kihara, S., Kurachi, Y., Funahashi, T. and Matsuzawa, Y. (2001) Genomic Structure and Insulin-mediated Repression of the Aquaporin Adipose (AQPap), Adipose-specific Glycerol Channel. J Biol Chem. 276, 36251-36260.

  13. Kishida, K., Shimomura, I. (Corespondent author), Nishizawa, H., Maeda, N., Kuriyama, H., Kondo, H., Matsuda, M., Nagaretani, H., Ouchi, N., Hotta, K., Kihara, S., Kadowaki, T., Funahashi, T. and Matsuzawa, Y. (2001) Enhancement of the aquaporin adipose (AQPap) gene expression by a peroxisome proliferator-activated receptor g. J Biol Chem. 276, 48572-48579.

  14. Kondo, H., Shimomura, I. (Corespondent author), Kishida, K., Nishizawa, H., Maeda, N., Kuriyama, H., Matsuda, M., Nagaretani, H., Kihara, S., Funahashi, T., and Matsuzawa, Y. (2002) Human AQPap gene; the genomic structure, promoter analysis and functional mutations. Eur. J. Biol. Chem. 269,1814-1826.

  15. Matsumoto, S., Kishida, K., Shimomura, I. (Corespondent author), Maeda, N., Nagaretani, H., Matsuda, M., Nishizawa, H., Kihara, S., Funahashi, T. and Matsuzawa, Y. (2002) Increased Plasma HB-EGF Associated with Obesity and Coronary Artery Disease. Biochem Biophys Res Commun 292, 781-786.

  16. Kondo, H., Shimomura, I., Matsukawa, Y., Kumada, M., Takahashi, M., Matsuda, M., Kihara, S., Kawamoto, T., Sumitsuji, S., Funahashi, T., and Matsuzawa, Y. (2002) Association of adiponectin mutation with type 2 diabetes mellitus. A candidate gene for the insulin resistance syndrome. Diabetes, in press

  17. Nishizawa, H., Shimomura, I. (Correspondent author), Kishida, K., Maeda, N., Nagaretani, H., Kuriyama, H., Matsuda, M., Kondo, H., Furuyama, N., Kihara, S., Nakamura, T., Tochino, Y., Funahashi, T. and Matsuzawa, Y. (2002) Androgens downregulate plasma adiponectin, an insulin-sensitizing adipocyte-derived protein. Diabetes, in press.

  18. Maeda, N., Shimomura, I. (correspondent author), Kishida, K., Nishizawa, H., Matsuda, M., Nagaretani, H., Furuyama, N., Kondo, H., Takahashi, M., Arita, Y., Komuro, R., Ouchi, N., Kihara, S., Tochino, Y., Okutomi, K., Horie, K., Takeda, S., Aoyama, T., Funahashi, T. and Matsuzawa, Y. (2002) Diet-induced insulin resistance in mice lacking adiponectin. Nature Medicine, in press.

  19. Makishima, M., Kanatani, Y., Yamamoto-Yamaguchi, Y. and Yoshio Honma, Y. (1996) Enhancement of activity of 1?,25- dihydroxyvitamin D3 for growth inhibition and differentiation induction of human myelomonocytic leukemia cells by tretinoin tocoferil, an ?-tocopherol ester of all-trans retinoic acid. Blood 87, 3384-3394.

  20. Makishima, M., Okabe-Kado, J. and Honma, Y. (1998) Growth inhibition and differentiation induction in human monoblastic leukaemia cells by 1??hydroxyvitamin D derivatives and their enhancement by combination with hydroxyurea. British Journal of Cancer 77, 33-39.

  21. Makishima, M., Umesono, K., Shudo, K., Naoe, T., Kishi, K. and Honma, Y. (1998) Induction of differentiation in acute promyelocytic leukemia cells by 9-cis retinoic acid ?-tocopherol ester (9-cis tretinoin tocoferil). Blood 91, 4715-4726.

  22. Makishima, M., Okamoto, A. Y., Repa, J. J., Tu, H., Learned, R. M., Luk, A., Hull, M. V., Lustig, K. D., Mangelsdorf, D. J. and Shan, B. (1999) Identification of a nuclear receptor for bile acids. Science 284: 1362-1365.

  23. Lu, T. T., Makishima, M., Repa, J. J., Schoonjans, K., Kerr, T. A., Auwerx, J. and Mangelsdorf, D. J. (2000) Molecular basis for feedback regulation of bile acid synthesis by nuclear receptors. Molecular Cell 6:507-515.

  24. Makishima, M., Lu, T. T., Xie, W., Whitfield, G. K., Domoto, H., Evans, R. M., Haussler, M. R. and Mangelsdorf, D. J. (2002) Vitamin D receptor as an intestinal bile acid sensor. Science 296: 1313-1316.     

Page Top
All rights reserved. Copyright © 2003 Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University