Home
English Site Map
研究科長挨拶 研究科概要 研究室案内 催し/リソース 入試関連 アクセスマップ 掲示板 研究科内専用 リンク集
Home > 研究室案内
ナノ生体科学講座 ソフトバイオシステム研究室(柳田研究室)
ナノ生体科学講座
ソフトバイオシステムグループ
プロトニックナノマシングループ
細胞内情報伝達研究グル−プ

細胞ネットワーク講座
代謝調節学研究室
細胞内分子移動学グループ
形態形成研究グループ

時空生物学講座
遺伝学研究室
病因解析学研究室
心生物学グループ
細胞構造研究グループ

個体機能学講座
免疫発生学研究室
発生遺伝学グループ
細胞機能学グループ
病態医科学研究室

脳神経工学講座
視覚神経科学研究室
脳システム構築学研究室
認知脳科学研究室
細胞分子神経生物学研究室
神経可塑性生理学研究室

生体ダイナミクス講座
生理学研究室
非平衡物理学研究室
機能プロテオミクス研究室
ナノ・バイオフォトニクスグループ

生命理工学講座(協力講座)
分子遺伝研究分野
細胞間コミュニケーション研究室
情報伝達分野
蛋白質情報科学研究系
生体触媒科学研究室
プロテオーム物質創製研究系
超分子構造解析学研究系

寄附講座
免疫制御学(中外製薬)
ナノデバイス基礎(オムロン)

兼任・客員教官
兼任教官リスト
客員教官リスト

 
氏 名
Email
TEL
研究・教育業績
教授 柳田 敏雄 06-6879-4632
准教授 岩根 敦子 06-6879-4632
助教 小森 智貴 komori 06-6879-4632  

    
FAX 06-6879-4634
研究室郵便宛先 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-3 ナノバイオロジー棟 7F
大阪大学大学院生命機能研究科ナノ生体科学講座
柳田研HP http://www.phys1.med.osaka-u.ac.jp/



本研究グループの主な研究テーマは下記のとおりである

1 科学技術振興機構(JST)・CREST・ソフトナノマシンプロジェクト

生物分子機械システムは、人工機械では実現できないような高い自律性,柔軟性を示し、非常に効率よく働いている。1分子を見る技術、1分子を操作する技術、そして1分子の発生する力を測定する技術の開発を行い、分子機械のユニークな特性を明らかにする。

■詳しくはこちら
http://www.phys1.med.osakau.ac.jp
/frameset.html


2 遺伝子グループ

1分子イメージング、1分子ナノ操作、1分子スペクトロスコピーの技術、特に装置の開発に伴い、めざましい展開をもたらし、蛋白質の酵素反応、運動様式、構造・化学状態を1分子レベルで直接測定する事が可能になっている。こうした1分子計測をおこなうためには、興味のある生体分子を種々の蛍光色素で適切に標識し、高純度な精製品を調整する必要がある。遺伝子グループでは1分子レベルでの計測に耐えうる組み換え蛋白質の設計並びに作製を行なっている。

■詳しくはこちら

http://www.phys1.med.osaka-u.ac.jp
/GT/GeneTechGroup.html

3 細胞グループ

細胞グループでは、細胞1分子蛍光イメージング法やFRET法などを用いて、情報伝達分子の反応を生細胞内でイメージングし、情報の生成、増幅、分岐、雑音処理などの仕組みの解明を目指している。

■詳しくはこちら

http://www.phys1.med.osaka-u.ac.jp
/CB/CellGroup.html

http://www.phys1.med.osaka-u.ac.jp
/SBC/StochasticBio.html


4 脳グループ

脳は従来のコンピュータとは異なり、低いエネルギーレベルで動作し複雑な環境下でも柔軟に情報処理を行うことができる。このような脳機能の柔軟性は、脳内ネットワークの動的相互作用(ダイナミズム)から生じていると考えられるが、ダイナミズムの研究に適した脳の計測法はまだないと言ってよい。このプロジェクトでは、脳活動の動的な時空間パターンをリアルタイムで捉える新しい非侵襲計測法の開発を行う。それと並行して、記憶、認識、意識などの高次機能や、脳機能障害の回復過程などにおける脳活動の動的メカニズムについて(既存の計測法も活用しながら)取り組む。これらを通じて、脳の柔軟な動作の原理の解明をめざしている。

■詳しくはこちら

http://www.phys1.med.osaka-u.ac.jp/
BR/BrainGroup.html

 

Page Top
All rights reserved. Copyright © 2003 Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University