「ラボ体験ツアー」?

 今後のツアー

      

 これまでのツアー

      

      

      

      

      

      

      

      

      







    「ラボ体験ツアー」について


    GCOEプログラムでは異分野融合を目指していますが、多くの方にとっては、隣りの研究室で、どのような研究を行っているのか、知る機会があまりないというのが現状だと思います。 そこで、実際に他の研究室に訪問して、そのラボで行われている簡単な実験を体験する機会ができないかと考え、今回の企画を立ち上げることになりました。生命機能研究科の関係者であれば、誰でも参加することが可能ですので、奮ってご参加ください。ラボ体験ツアーに対する、ご質問やご要望などあれば、お気軽にホームページ下に掲載されているアドレスまで、お問い合わせください。

    We are pleased to announce a new program “FBS Lab Tours 2011” to promote interdisciplinary collaborations across laboratories in our graduate school. As its name implies, this program provides you opportunities of experiencing hands-on experiments and discussions in FBS labs. All FBS members are welcomed to participate in this program. Don’t miss this opportunity! But, due to the limited capacity and resources, you are requested to register the tour in advance.




    今後の「ラボ体験ツアー」の予定 (in English below)


    第10回目(最終回)のラボツアーは分子生体情報学研究室(月田早智子教授)で行います。

    研究室の研究内容の概略
    我々のからだは、多くの部位が上皮細胞シートで覆われており、器官・組織が機能を果たすためのコンパートメント形成を担っている。このコンパートメントとして機能するために、上皮細胞は細胞間接着装置によってお互いが結合し、高度な極性構造をもったシート構築を行う。アドへレンスジャンクションを起点に上皮細胞シート形成が行われ、極性化を伴い、細胞間の最もアピカル側にタイトジャンクションが形成され、細胞間バリアーが確立する。結果、上皮細胞シートで隔てられたアピカル側とバソラテラル側は、それぞれ固有の微小環境を維持できる。私たちは、どのような仕組みでこのような上皮極性構造が形成されアピカル側とバソラテラル側が仕切られるのか、またアドヘレンスジャンクション、タイトジャンクションを起点とした細胞骨格構造がどのようにして上皮極性構造を形成、維持に関わっているかについて、細胞間接着装置と細胞骨格を起点に理解しようと研究を進めている。

    ツアー内容の概略
    1. 2チャンバー法による上皮組織短絡電流測定
    2. 電子顕微鏡による上皮組織観察
    3. 繊毛上皮における繊毛運動のライブ観察
    4. SIMによる上皮細胞骨格観察
    5. フリーディスカッション

    日時: 3月23日 (金) 15:00-17:00
    訪問先:分子生体情報学研究室(月田早智子教授)(医学部基礎研究棟3F)
    集合場所:細胞棟1F ロビー

    参加費:無料(予約制)

    申し込み:(1)氏名、(2)所属研究室、(3)身分を記入の上、yu-gou@fbs.osaka-u.ac.jpまで、メールをお送りください。定員(15名)に達ししだい締め切りま す。 他にもご質問などあれば、yu-gou@fbs.osaka-u.ac.jpまで、お問い合わせください。

    Studies in Tsukita's group
    The epithelial cell sheets play an important role in the compartmentalization of tissues and organs. To establish these compartments, epithelial cells form a cell sheet via cell-cell adhesion complexes, adherens junctions and tight junctions. Tight junctions are located at the most apical part of epithelial cells and play a crucial role in the regulation of paracellular barrier and selective permeability. For tight junctions to function properly, adherens junctions and cytoskeletons are thought to be mutually important. Our group investigates various properties of this system including: 1) the formation of epithelial junctional complexes in the epithelial cell sheet and the regulation of the paracellular barrier, 2) the role cell adhesion complexes and the cytoskeleton play in the formation of epithelial cell sheets, and 3) how tight junctions function as paracellular barriers in vivo.

    In Tsukita's lab tour, visitors will
    (1) measure short-circuit currents by two-chamber analysis
    (2) observing epithelial tissues by electron microscopy
    (3) conduct live imaging of cilia movements in ciliated tracheal cells
    (4) observe cytoskeletons in the subapical regions of epithelial cells by SIM.
    (5) discuss research with lab members

    Date: 23th Mar (Fri) 15:00-17:00
    Place: Lobby, 1F, Saiboutou, Graduate School of Frontier Biosciences
    (Suita Campus)
    Fee: free

    Registration: mail (1)participant name, (2)affiliation, (3)position,
    to yu-gou@fbs.osaka-u.ac.jp.
    If you would like to register or have any questions, please contact
    yu-gou@fbs.osaka-u.ac.jp..


    前回の「ラボ体験ツアー」の紹介  これまでの「ラボ体験ツアー」から


    第9回(2011年12月8実施)  近藤寿人研究室

    研究室の研究内容の概略:
    胚の発生とともに、1つの受精卵から様々な細胞が産み出される(細胞分化)。これら細胞群は胚の中で再配置され、複雑な組織・個体がつくられる。私たちは、どのような仕組みでこういった細胞分化が引き起こされるのかを明らかにしたい。細胞分化を直接的に制御する転写因子群に着目して、どのような制御(遺伝子としての発現制御や、タンパク質としての修飾)を受けているのか、また、転写因子群がどういった機構で細胞分化を規定しているのかを研究している。神経系や感覚器の原基(神経板や感覚器プラコード)の発生を研究の対象として、マウス・ニワトリ・ゼブラフィッシュといった多様な実験動物を用いて研究を進めている。

    Studies in the Kondoh's laboratory
    Our group investigates regulation of the embryonic development, how intercellular signaling molecules act, how cells respond to the signals and activate transcriptional regulators, and how the action of transcriptional regulators cause cell differentiation. The major subject of the research is the differentiation of the primitive central nervous system and the sensory organs exemplified by eye lens.

    About our research
    The main focus of our lab has been to elucidate the transcriptional regulation governing cell differentiation during the process of embryogenesis. Important problems being addressed in the Lab are:
    (i) How transcription factors are regulated during development? This concerns regulation of the expression of target genes of transcription factors and the activity of the transcription factors itself.
    (ii) How do transcription factors recognize a relevant cell state? A related question is to identify the repertoire of genes which might be the regulatory targets of a specific set of transcription factors.
    We have pursued these questions investigating the development of neural and
    sensory primordial in the vertebrates.


    近藤寿人研究室のラボツアーでは、参加者は次のような体験をしました。


    1. 形態形成研究室で行なわれている研究の目的、実験方法、実験動物について説明
    2. 発生過程にあるマウス胚・ニワトリ胚の観察
    3. フリーディスカッション

    The Hisato Kondo lab introduced the aim of their study along with describing its significance. They also showed some other experiment techniques and described recent results. The tour ended with a discussion about their work.

    In Kondoh's lab tour
    (1) Introduction of our research work
    (2) LAB TOUR (Observation of embryogenesis of mouse and chick embryos. etc.)
    (3) Discussion with the participants.


      
      
      
     

         
         

         
         
         


GCOE若手研究者の会(担当:池添・内村・加藤・佐々木・田中)
連絡先:yu-gou(a)fbs.osaka-u.ac.jp   /   (a)は@です。