おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

「補体関連分子群の非免疫機能―新しい機能的および形態的シナプス制御機構」柚崎通介(慶應義塾大学医学部生理学教室 教授)

【 Seminar Announcement 】
----------------------------------------
Date: May. 31 (Fri), 2013
Time: 17:00-18:00 ←時間が変わりました。
Place: Seminar room (3rd floor) in Nanobiology building, Suita Campus
----------------------------------------

「補体関連分子群の非免疫機能―新しい機能的および形態的シナプス制御機構」
The C1q complement family complements synapses formation and maintenance in the CNS

柚崎 通介 教授
慶應義塾大学医学部生理学教室

Dr. Michisuke Yuzaki
Department of Physiology, School of Medicine, Keio University, Tokyo Japan

----- 要旨 -----------------------------------------------
 補体C1qは球状C1qドメインによって、免疫系においてターゲット分子を認識する。球状C1qドメインを持つタンパク質はC1qファミリー分子と総称され、さまざまな非免疫系細胞から分泌される。しかしその中枢神経系における機能については謎であった。
 最近、C1qファミリー分子の一つCbln1が小脳顆粒細胞から分泌され、強力なシナプス形成作用とともに、シナプス可塑性制御作用をもつことを私たちは明らかにした。また補体C1qはシナプス除去因子として作用する。新しいシナプス制御因子としてのC1qファミリー分子について議論したい。
--------------------------------------------------------------

世話人■大阪大学大学院生命機能研究科 細胞分子神経生物学研究室
教授 山本 亘彦
E-mail:nobuhiko@fbs.osaka-u.ac.jp
Tel:06-6879-4636