しおりはこちら

阪大生命機能
学校

2019

おもろい研究!君ならできる、ここでできる。

真剣にサイエンティストを育てたい

応募締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

阪大生命機能研究科、恒例の春の学校(第7回目)。日常から解き放たれた空間で、全国の学部生と当研究科教員・大学院生がサイエンスや研究生活についてフランクに語り合う交流会です。当研究科最大の特徴は、理・医・工・薬などさまざまなバックグランドをもつ研究者が集まった世界的にもユニークな研究環境です。こうした環境を若い学部生によく知ってもらい、サイエンスに親しんでもらいたいと考えています。さあ、次はみなさんの出番!一緒に楽しみましょう。

全国の大学生達と当研究科の教員が一緒に宿に泊まり込んで色々なことを語り合うというユニークな企画です。世界的な研究者とざっくばらんに密に話ができるという機会はなかなかありません。(吉森保)

多くの方々と交流することで自分の進みたい所や研究室の実態を知る事ができて良かったです。化学系の私でも研究内容がまだ分かったのですごく楽しめました。(昨年の参加者)

研究する上で大切なことは、テーマやプロジェクトだけではなく、「エキサイトメントをシェアしたいと思える人や先生たちに出会えるか」ではないかと思います。春の学校は、研究者たちがどんな思いで研究人生を送っているのか、何を感じながら手を動かしているのかを知ることができるとても良い機会です。元気な学生さんたちにお会いできるのを楽しみにしています!(甲斐歳恵)

自分の大学でゆるーくしているだけでは、味わえない良いカルチャーショック的なものを味わうことができた。先生とも他大学の人たちとも話をすることができて楽しかった。(昨年の参加者)

日時 2019年3月7日(木)〜8日(金)
場所

日程概要

生命科学研究に興味のある学部学生なら誰でもOK。箕面の温泉で一泊し、生命科学に関するあれこれを、時間無制限、NGワード無しで議論します。今年のテーマは、「ノーベル賞は運か実力か?」とか。(近藤滋)

様々な方とざっくばらんに話すことができ、大変有意義な2日間でした。自由討論の時間が多く設けられていたことが良かったと思います。(昨年の参加者)

3月7日(木)

11:00〜 受付
11:40〜12:50 昼食会(@もみじの間)
  • 開校のことばと進行説明
  • 研究科長・春の学校長より挨拶
  • 各自自己紹介
13:00〜14:50 研究室紹介(@会議室)各研究室 5分トーク
(途中で10分休憩)
14:50〜15:00 休憩
15:00〜16:00 第一部 おもろい研究・白熱教室(仮題)
*参加者の希望内容をテーマに反映
16:00〜16:30 休憩・場所移動など
16:30〜17:30 第二部 おもろい研究・白熱教室(仮題)
*参加者の希望内容をテーマに反映
18:00〜19:30 夕食(@もみじの間)
19:30〜 自由討論

研究は楽しいです!これからの生命科学をつくってゆく学生は君たちです!春の学校は、皆さんを応援したいと考えています。何でも疑問や課題をぶつけてください。綺麗な温泉宿で、美味しいもの食べてながら熱く議論しましょう!絶対に損はさせません!(八木健)

進路について考えられる良い機会になりました。院生先生方と様々なお話ができ普段の説明会やホームページだけでは分からなかったことがたくさんありました。(昨年の参加者)

3月8日(金)

7:15〜8:50 朝食
9:00〜 1階展望台にて記念撮影
9:15〜 大阪大学大学院生命機能研究科までバスで移動
10:15〜12:00 生命システム棟講義室へ荷物を置いてから各自研究室へ
12:15〜 入試説明など(大学院係より説明)/終わりのことば(春の学校長より)
ビュッフェ式ランチ(交流タイム)
13:30〜17:30 自由研究室訪問(任意)

参加予定研究室

研究内容もスタイルも、雰囲気も指導方針も、研究室によって千差万別です。『卒業研究で行き詰まってる』『研究の面白さがわからない』『将来何したいかわからない』『勉強は苦手』、なんてひとも、ぜひそこで立ち止まらずに、外の世界を覗いてみてください。見たこと無いような世界から、思いがけない将来が広がるかもしれませんよ。(山口新平@仲野徹研究室)

石島秋彦研究室、高島成二研究室、平岡泰研究室、深川竜郎研究室、岡本浩二研究室、吉森保研究室、仲野徹研究室、八木健研究室、近藤滋研究室、甲斐歳恵研究室、石井優研究室、月田早智子研究室、佐々木洋研究室、長澤丘司研究室、北澤茂研究室、井上康志研究室、明石満研究室、中江文研究室、立花誠研究室

ラボツアー/自由研究室訪問

「阪大生命機能:春の学校 - 2018」の2日目(3/8)には、ラボツアー(午前)と自由研究室訪問の時間を設けています。ラボツアーでは各研究室が企画する実習や講義を受けることができます。希望する研究室を訪ねて、実際の研究環境を体験してみてください。

楽しかった。同じような進路希望を持った仲間と話せて良かった。(昨年の参加者)

特に記載がない場合、プログラムの一部のみの参加はできません。自由研究室訪問は、研究室によってアポや時間の指定がある場合があります。各研究室の欄をよく確認してください。リスト以外の研究室を訪問したい場合、必ず事前にアポイントメントを取ってから訪問してください。


ナノ・バイオフォトニクス研究室(井上研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟5階D505
時間:13:30~17:30

免疫細胞生物学研究室(石井研)

ラボツアー 生体ライブカメラによる体内探検
  • ライブイメージングの原理と実際の研究例を紹介します。
  • 生きたままの個体内で生きた細胞の動態を実際に観察していただきます。
集合場所:医学部バイオメディカル研究教育棟8階 免疫細胞生物学教室企画室
開始時間:10:15
(定員:4人)
自由研究室訪問 場所:医学部バイオメディカル研究教育棟8階 免疫細胞生物学教室企画室
時間:13:30

生体機能分子計測研究室(石島研)

ラボツアー 石島研ツアー
  • バクテリアモーター回転,走化性の研究
集合場所:ナノバイオロジー棟8階D801
開始時間:10:15
(定員:10人)
自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟8階D801
時間:13:30〜(13:30集合)、17:00〜(17:00集合)の2回

1分子生物学研究室(上田研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟4階D406
時間:13:00~17:30
教授不在のため、研究室の助教対応

ミトコンドリア動態学研究室(岡本研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟8階D808
時間:14:00~

生殖生物学研究室(甲斐研)

ラボツアー ショウジョウバエとその生殖細胞を見てみよう!
  • ショウジョウバエの簡単な遺伝学、卵巣の構造についての講義の後、ショウジョウバエの体色、剛毛、目の色、羽の形状、などで遺伝子型を判断します。卵巣を解剖して、生殖細胞、生殖幹細胞を観察します。卵巣構造は美しいです!!
集合場所:細胞棟2階B209(キリンポスター近藤研反対側)
開始時間:10:15、および11:15(2回実施、いずれも1時間程度)
(定員:5名程度)
自由研究室訪問 場所:細胞棟2階B209
時間:甲斐教授とお話したい方は事前に連絡のうえ13:00〜15:00に。時間の制約がある方はご相談ください。

ダイナミックブレインネットワーク研究室(北澤研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟2階D203
時間:13:00〜13:30(13:00集合)

パターン形成研究室(近藤研)

ラボツアー 数理と生き物の関係
  • シミュレーションソフトを使って色々な動物模様をつくる。
  • 魚の色素パターンの観察
集合場所:細胞棟2階キリンのポスターの前
開始時間:10:15
(定員:5名)
自由研究室訪問 場所:細胞棟2階B215(教授室)
時間:13:30~15:45

初期胚発生研究室(佐々木研)

ラボツアー マウス胚を見てみよう、光らせてみよう。
  • マウスの胚発生、細胞競合のはなし。受精卵から産まれるまでのさまざまなマウス胚やES細胞などの培養細胞の観察。マウス受精卵への蛍光mRNA導入の実践と観察。
集合場所:細胞棟3階B330(佐々木研セミナー室)
開始時間:10:15
(定員:6名程度)
自由研究室訪問 場所:細胞棟3階B330(佐々木研セミナー室)
時間:13:30〜(13:30集合)、14:30〜(14:30集合)の2回

医化学研究室(高島研)

自由研究室訪問 場所:医学部基礎研究棟4階B41-09(医化学企画情報室)
時間:13:30〜(13:30集合)、17:00〜(17:00集合)の2回

エピゲノムダイナミクス研究室(立花研)

自由研究室訪問 場所:細胞棟2階C237
時間:14:00〜17:30

分子生体情報学研究室(月田研)

ラボツアー 上皮細胞の魅力を知ろう
  • 「私たちの研究室では、多細胞生物の表面をおおう「上皮細胞」、特に「細胞間接着装置タイトジャンクション」と「細胞頭側表層の構造」、に焦点を当てた研究をしています。「上皮細胞」は、実際、肝臓・膵臓・腎臓・肺など、重要臓器の主要な機能を担っています。本ラボツアーでは、「上皮細胞」の魅力を、ミニレクチャー、顕微鏡観察、など、私たちの研究の切り口から垣間見ていただきます。」
集合場所:医学部基礎研究棟3階B31-09
開始時間:10:15
(定員:5名)
自由研究室訪問 場所:医学部基礎研究棟3階B31-09
時間:13:30~17:00

病因解析学研究室(仲野研)

ラボツアー 生命の始まりにふれてみる
  • 仲野研では『いろんな細胞がどういう風にできているのか?』という疑問に、エピジェネティックな遺伝子発現制御という切り口から取り組んでいます。特に、受精後の初期胚やそれに由来する多能性幹細胞におけるエピジェネティック状態の制御機構、および、精子形成過程における小分子RNAを介した遺伝子抑制機構という、大きく分けて2つテーマに注目しています。これらの研究テーマにおいて、実際に我々が用いている実験(初期胚の回収と簡単な顕微操作の体験、精巣からの精子の採取)を、学生に観察・体験してもらい、この分野と研究室の魅力の一端を紹介したいと思います。
集合場所:医学部基礎研究棟7階B71-07(病理学企画室)
開始時間:10:15
(定員:5名)
自由研究室訪問 場所:医学部基礎研究棟7階B71-07(病理学企画室)
時間:13:30~16:00

幹細胞・免疫発生研究室(長澤研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟3階(幹細胞・免疫発生研究室)
時間:13:30〜(13:30集合)

細胞核ダイナミクス研究室(平岡研)

自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟5階D501
時間:14:30~17:30

染色体生物学研究室(深川研)

ラボツアー 染色体生物学研究室見学ツアー
  • 普段研究している研究室の中を担当教員と一緒に見学ツアーを行う
集合場所:ナノバイオロジー棟D704
開始時間:10:30
自由研究室訪問 場所:ナノバイオロジー棟7階D704
時間:自由に訪問してください。アポ必要なし。

心生物学研究室(八木研)

ラボツアー 個性的な神経細胞がおりなす神経ネットワークから脳機能へ
  • 脳機能は個性的な神経細胞群が作り出すネットワークにより成り立っています。当研究室ではそのような神経系の成り立ちと機能を研究するため、マウスを用いて分子レベルから個体の行動レベルまで様々な手法を用いて解析しています。このラボツアーではその中から以下の内容について見学してもらいます。
    • 培養神経細胞の観察
    • 脳組織切片の観察
    • マウスの行動解析と神経活動記録
集合場所:細胞棟1階B134
開始時間:10:15
自由研究室訪問 場所:細胞棟1階B134
時間:13:00~17:30

細胞内膜動態研究室(吉森研)

自由研究室訪問 場所:医学部バイオメディカル研究教育棟5階E53-29(遺伝学教室)
時間:随時対応致しますが、15:00より研究室の説明をします。

ビルティングブロックサイエンス共同研究講座(明石研)

ラボツアー 再生医療の最前線をみる
  • 当研究室では再生医療や薬剤スクリーニングへの応用を目指した、生体類似の三次元組織の構築を行っています。本ツアーでは実際に組織を構築している現場を案内することで、再生医療の最前線を見ていただきます。
集合場所:生命システム棟2階ラウンジ
開始時間:10:15
(定員:10名)
自由研究室訪問 場所:生命システム棟E704
時間:13:00~15:00(予約不要)

痛みのサイエンスイノベーション共同研究講座(中江グループ)

ラボツアー 痛みを可視化する
  • 当研究室では再生医療や薬剤スクリーニングへの応用を目指した、生体類似の三次元組織の構築を行っています。本ツアーでは実際に組織を構築している現場を案内することで、再生医療の最前線を見ていただきます。
集合場所:生命システム棟6階E601
開始時間:10:30
自由研究室訪問 場所:生命システム棟6階E601
時間:13:30~16:00

CiNet

自由研究室訪問 時間:13:00~14:30(13:00CiNet1階ロビー集合)
CiNet概要についての全体説明・見学

参加費

5,000円

応募

春の学校に参加すると、生命機能の教員・院生がどんな人で、どんなオモロイ考え方で研究しているのかをより具体的にイメージできるようになると思います。迷っているならポチッとな、ですよ!!(平野泰弘@平岡泰研究室)

応募締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

応募対象 全国の大学学部生(50名まで)
応募方法 以下の項目について記した電子メールを、下記応募先にお送りください。
  1. 名前(フリガナをふってください)
  2. 性別
  3. 2019年3月7日現在の年齢
  4. 大学名・所属(学部・学科・専攻等)・学年
  5. 電話番号(以下mailにて返信が難しい場合にはお電話入れさせていただく場合があります。)
  6. e-mailアドレス(必ず、通じるアドレス。スマートフォンや携帯電話の場合、ドメイン拒否やPCメール拒否を解除してください。)
  7. 参加の動機(100字程度)(応募者多数の際、志望動機を参考に選考しています。)
  8. 応募情報はどこで入手しましたか?
  9. その他、不明点等があれば、こちらに記載ください。食物アレルギー対応必要な方は、こちらに詳細記載ください。
応募先 メールにて、大阪大学大学院生命機能研究科企画室へ
fbs-kikaku@fbs.osaka-u.ac.jp
件名を「春の学校2019応募(ご自分の氏名)」としてください。
応募〆切 2019年2月14(木)午後5時(定員に達し次第締め切ります)

問い合せ

大阪大学大学院生命機能研究科企画室
06-6879-4645
fbs-kikaku@fbs.osaka-u.ac.jp