おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

  交流会日時 講演 当日の様子
47 2009年 3月10日(火) 午後5時~7時 「微小管モーター・キネシンとダイニンの構造と仕組み」
吉川 雅英 教授 京都大学大学院 理学研究科 構造生物学特別講座

「電顕イメージングによるミドリムシ光センシング機構の解析」
宮崎 直幸 蛋白質研究所 プロテオーム物質創製研究


高木 淳一
Tel:06-6872-7256
email: takagi@protein.osaka-u.残りを追加


写真をクリックすると詳細へ
46 2009年 1月14日(水) 午後5時~7時 「多機能性チャネルを中心とした構造生理学」
藤吉 好則 教授 京都大学大学院 理学研究科 情報分子細胞学講座 細胞分子構成分野

「細胞接着を起点とした細胞増殖制御」
田村 淳 助教 生命機能研究科 分子生体情報学研究室


月田 早智子
Tel:06-6879-3323
email: tsukiweb@biosci.med.osaka-u.残りを追加

場所: 吹田キャンパス ナノバイオロジー棟 3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
45 2008年 12月8日(月) 午後5時~7時 「初期胚発生および神経系の高次機能におけるZicファミリーの役割」
有賀 純 博士 理化学研究所 チームリーダー 脳科学総合研究センター 神経発達障害研究グループ 行動発達障害研究チーム

「胚盤葉上層から神経板への発生の制御」
岩渕 真木子 生命機能研究科 形態形成研究室


近藤 寿人
Tel:06-6879-1963
email: kondohh@fbs.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
44 2008年 11月12日(水) 午後5時~7時 「生体リニア,回転モーターの1分子計測」
石島 秋彦 教授 東北大学 多元物質化学研究所 複雑系プロセス設計研究分野

「水素イオンで動く蛋白質輸送装置の動作機構」
南野 徹 助教 生命機能研究科 プロトニックナノマシン研究室


難波 啓一
Tel:06-6879-4625
email: keiichi@fbs.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
43 2008年 10月8日(水) 午後5時~7時 「タンパク質ダイナミクス観測から機能メカニズムを探る:時間分解共鳴ラマン分光法による研究」
水谷 泰久 教授 大阪大学大学院理学研究科 化学専攻 生物物理化学研究室

「DNAの相補性ダイナミクスによるナノ構造配列制御」
田中 慎一 生命機能研究科 ナノ・バイオフォトニクス研究室


井上 康志
Tel: 06-6879-4243
email: ya-inoue@ap.eng.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
42 2008年 9月10日(水) 午後5時~7時 「In situ解析とプロテオミクスで解くヒト細胞内のDNA損傷応答」
安井 明 教授 東北大学 加齢医学研究所 遺伝子機能研究分野

「CSB遺伝子突然変異により発症するヒト遺伝疾患の分子病態」
堀端 克良 助教 生命機能研究科 細胞機能学研究室


田中 亀代次
Tel: 06-6879-7971
email: ktanaka@fbs.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
国際 2008年 7月25日(金) 午後3~5時 今回のコロキウムでは Global COE & IBRO-APRC Advanced サマースクールに参加している学生の代表が研究発表を行います。

講演:Neuroscience、Molecular and Cellular Biology, Nanobiology and Photonicsの3つのサマースクールコースから選ばれた外国人学生と大阪大学の学生が交互に発表します。

15:00 - 17:00: International Frontier Bioscience Student Colloquium

Course 1: Neuroscience
Calving K. Young (University of Calgary, Canada; New Zealand)
"The posterior hypothalamic nucleus: a novel deep brain stimulation site for movement disorders?"

Masaki Shinohara
篠原正樹 (Murakami Lab)
"Dynamic Behavior of Pontine Neurons undergoing Nucleogenesis"


Course 2: Nanobiology and Photonics

Peter Reuven (Weizmann Institute of Science, Israel; EU-Slovakia)
"Search for a noise filtering mechanism of bacterial flagellar motor"

Yusuke Morimoto
森本雄祐 (Namba Lab)
"Measurement of proton influx of bacterial flagellar motor in Salmonella"

Course 3: Molecular and Cell Biology

Chih-Hang Anthony Tang (Brandeis University, USA; R.O. China (Taiwan))
"Identification of key phase-shifting cells in Drosophila circadian systems"

Sin Yuan Yan (Angie)
(Nakano Lab; Univ. of Glasgow, UK; Malaysia)
"Phosphodiesterases orchestrate the phosphorylation of myosin binding protein C in cardiomyocytes"

17:00
: Closing Ceremony
17:30 : Farewell Party 懇親会




大澤 五住
Tel: 06-6850-6520
email: ohzawa

詳細はこちら
41 2008年 7月9日(水) 午後4~6時 「花色発現の生化学と分子生物学」
特別講演:中山 亨 教授 東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻

「出芽酵母を用いた各種レセプターのリガンド探索システム」
立松 健司 産業科学研究所 生体触媒科学研究分野


谷澤 克行
Tel: 06-6879-8460
email: tanizawa@sanken.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
40 2008年 6月11日(水) 午後5~7時 「シナプス可塑性発現におけるグルタミン酸受容体とシナプスの動態」
重本 隆一 教授 自然科学研究機構・生理学研究所・脳形態解析研究部門

「刺激の繰り返しに依存した長期シナプス可塑性の細胞学的解析」
浦久保 知佳 生命機能研究科 神経可塑性生理学研究室


小倉 明彦
Tel: 06-6850-5426
email: oguraa@fbs.osaka-u..残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
39 2008年 5月14日(水) 午後5~7時 「新規ユビキチン修飾、直鎖状ポリユビキチン化とその機能」
岩井 一宏 教授 大阪大学大学院・生命機能研究科・細胞ネットワーク講座・代謝調節学教室

「鉄代謝制御異常の神経変性疾患における役割」
坂田 真一 細胞ネットワーク講座・代謝調節学教室室


山本 亘彦
Tel: 06-6879-4636
email: nobuhiko@fbs.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ
38 2008年 4月9日(水) 午後5~7時 「RNAサイレンシングとトランスポゾンの抑制」
塩見 春彦 教授 慶応大学医学部・分子生物学教室

「DNA メチル化制御と small RNA」
宮川 さとみ 生命機能研究科・時空生物学講座・病因解析学研究室


仲野 徹
Tel: 06-6879-3720
email: tnakano@patho.med.osaka-u.残りを追加

場所: 大阪大学生命機能研究科ナノバイオロジー棟・3階セミナー室

写真をクリックすると詳細へ

生命機能研究科ではフロンティアバイオサイエンスコロキウムの他にも生命機能研究科セミナーを開催しています。ふるってご参加ください。2011年度まではグローバルCOEの支援による外国人研究者等によるセミナーも活発に開催しました。