おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)195

講演者 清家正成 (幹細胞・免疫発生研究室 助教)
演題 造血幹細胞ニッチで特異的に高発現する転写因子Ebf3は骨髄腔の維持に必須である
日時 2018年10月10日(水)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 杉山立樹(幹細胞・免疫発生研究室 准教授)
Tel: 06-6879-7968












※クリックで写真拡大

要旨

骨髄は骨で囲まれた空間を満たす造血組織である。全ての血液細胞を生み出す造血幹細胞は、成体では骨髄のニッチと呼ばれる特別な微小環境により維持されている。造血幹細胞の維持に必須のサイトカインCXCL12とSCFを骨髄内で高発現する細網細胞(CAR細胞)は、造血幹細胞ニッチの主要な構成細胞であり、骨芽細胞と脂肪細胞に分化できることが示されている。しかしながら、CAR細胞が骨髄の間葉系幹細胞であるか否かは十分明らかでない。また、大部分のCAR細胞では、造血の場である骨髄腔や造血幹細胞ニッチを維持するために、骨芽細胞への分化が抑制されているが、その制御機構は不明である。本セミナーではこれらの問いに対する我々の最新の研究成果を紹介したい。

参考文献

  1. Seike, M. et al., Genes Dev. 32, 359 (2018).
  2. Shimoto, M. et al., Blood 129, 2124 (2017).
  3. Omatsu, Y. et al., Nature 508, 536 (2014).
  4. Omatsu, Y. et al., Immunity 33, 387 (2010).
  5. Sugiyama, T. et al., Immunity 25, 977 (2006).

一覧へ戻る