おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)185

講演者 大澤五住 (視覚神経科学研究室 教授)
演題 周波数空間とフーリエ解析はなぜ脳の理解に重要か?
日時 2018年5月23日(水)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 大澤五住(視覚神経科学研究室 教授)
Tel: 06-6879-4434
E-mail: ohzawa[at]fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大

要旨

周波数空間の概念とフーリエ解析は線形システム理論やX線回折像の解析では、なくてはならないスキルである。聴覚や視覚の理解においても、表面的な技術論以上に、それらの理解が本質的な重要性を持つ。拡張された「視覚受容野」の概念は時空間(X, Y, T)と時空間周波数(Fx, Fy, Ft)の両方にまたがって定義されるからである。最近の研究からも、これらは中間段階の視覚野であるMT野の機能の理解には欠かせない。これらの概念の理解を増進するために、研究室では、リアルタイム動作可能な1個の視覚野細胞のシミュレーター(VNS)を開発した(とりあえず、MT野のニューロンについて)。VNSは、最近ではどのPCにも内蔵されているビデオカメラを入力とし、1個の視覚ニューロンの細胞の反応をリアルタイムで出力する。このようなツールが、どのように直感的な理解の助けとなるかを、受容野モデルと対比しながらデモを交えて解説する。


一覧へ戻る