おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)184

講演者 渡辺純二 (光物性研究室(木村研) 准教授)
演題 光散乱で探る量子的ゆらぎから古典的ゆらぎへの発展
日時 2018年5月16日(水)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 渡辺純二(光物性研究室(木村研) 准教授)
Tel: 06-6879-4602
E-mail: junw[at]fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大

要旨

物質にレーザー光を入射すると、そのミクロなゆらぎによって入射光とは異なった振動数の光が放出される。この散乱光のスペクトルを解析すると、フェムト秒程度から始まる広範な時間スケールのゆらぎに関する情報を得ることができる。最近、光散乱スペクトルを精密に測定することにより、量子統計力学から一般的に期待される特徴を有していないゆらぎのあることが明らかになってきた。液体中のピコ秒オーダーのゆらぎなどの観測例を紹介し、量子的ゆらぎから古典的ゆらぎへの発展過程について考察したい。


一覧へ戻る