おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)238

講演者 下條 博美 (助教(個体機能学講座/初期胚発生研究室 佐々木研))
演題 神経分化のタイミングを制御する遺伝子発現ダイナミクス
日時 2020年1月23日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:橋本昌和
Name:Masakazu Hashimoto        
Tel :06-6879-4659
E-mail:mhashimo@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語








※クリックで写真拡大

演題/要旨

神経分化のタイミングを制御する遺伝子発現ダイナミクス

発生過程においては、細胞の増殖や分化のタイミング制御は非常に重要である。しかしながら、その時間制御機構については未だ不明な点が多い。私たちは、マウス神経発生過程をモデルとして、神経幹細胞からニューロンが分化する過程においてNotchシグナルとその下流遺伝子群の様々な発現ダイナミクスによって、分化のタイミングが制御されていることを明らかにした。本セミナーでは、幹細胞から細胞が分化する過程における遺伝子発現ダイナミクスの多様性と、その生物学的意義について紹介したい。


一覧へ戻る