おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)236

講演者 三田 善志郎 (大学院生(D3/D5) 光物性研究室(木村研))
演題 アミノ酸単結晶の光学特性を探る / ベンチャー立ち上げと新型楽器開発
日時 2020年1月9日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 渡辺純二(光物性研究室(木村研)准教授)
Junji Watanabe (Associate Professor )
Tel: 06-6879-4602
E-mail: junw[at]fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語










※クリックで写真拡大

演題/要旨

アミノ酸単結晶の光学特性を探る / ベンチャー立ち上げと新型楽器開発

アミノ酸は生体内のタンパク質を構成する最も基本的な分子である。近年、アミノ酸は光学材料としても注目され始め、波長変換技術等に応用される非線形光学結晶としての可能性が示唆されている。非線形光学結晶としての機能の解明には光学定数の異方性や温度依存性がカギを握っており、我々は光学異性体を持つアミノ酸のうち最も単純な分子構造を持つLアラニン単結晶を出発点とし、アミノ酸の偏光光学スペクトルの温度依存性に関する研究を始めた。コロキウムでは、これまでに観測された水素結合に由来する極めて鋭いピーク構造や巨大な温度効果といった特異な現象について紹介する予定である。 また、発表者はヒューマンウェアイノベーション博士課程プログラムに所属しており、プログラムメンバーを含むチームと共同でベンチャーを立ち上げ、新型電子楽器の開発や楽器の市場調査を行っている。それらの活動についても紹介したい。


一覧へ戻る