おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)231

講演者 稲垣 未来男 (助教(脳神経工学講座/認知脳科学研究室(藤田研究室))
演題 顔視覚処理のデュアルルート仮説
日時 2019年11月14日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人: 藤田 一郎
Name:Ichiro Fujita        
Tel :06-6879-4439
E-mail:fujita@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語

演題/要旨

顔視覚処理のデュアルルート仮説

ヒトを含む霊長類において、大脳皮質の後頭葉から下側頭葉へ至る腹側経路は顔の視覚処理に決定的な役割を果たす。一方、大脳皮質を経由しない皮質下経路(上丘-視床枕-扁桃体)も顔の視覚処理に関与すると考えられているが、直接的な実験的証拠は十分でなく、その存在について議論が続いている。私たちは、顔の視覚処理が脳内で並列的に進行するというデュアルルート仮説を検証するために、神経生理学と神経解剖学の手法を使って実験を行ってきた。本セミナーでは、この仮説を支持する私たちの最近の研究成果を紹介する。


一覧へ戻る