おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)228

講演者 尾松 芳樹 (助教(生命機能研究科 幹細胞・免疫発生研究室(長澤研))
演題 造血幹細胞ニッチの形成と維持の分子機構
日時 2019年10月31日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:杉山 立樹
Name:Tatsuki Sugiyama        
Tel:06-6879-7968
E-mail:sugiyama@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語

演題/要旨

造血幹細胞ニッチの形成と維持の分子機構

成体の大部分の血液細胞や免疫細胞は骨髄に存在する造血幹細胞から産生される。造血幹細胞は骨髄で一生にわたり維持されるため、骨髄には造血幹細胞に必須のニッチ(特殊な微小環境)が存在すると考えられてきたが、その実体は長年不明であった。近年の一連の研究によって、ケモカインCXCL12を高発現する細網細胞(CAR細胞)がHSCニッチの主要な構成細胞であることが明らかになった。本セミナーでは発表者らが行ってきた研究を中心に、これまでに明らかになったCAR細胞の性質や、造血幹細胞ニッチの形成と維持の分子機構について解説する。


一覧へ戻る