おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)227

講演者 立花 誠 (教授(生命機能研究科 エピゲノムダイナミクス研究室(立花研))
演題 ほ乳類の生殖機能におけるメチル化H3K9の動的変動の役割
日時 2019年10月24日(火)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:黒木俊介
Name:Shunsuke Kuroki        
Tel :06-6879-4672
E-mail:skuroki@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語

演題/要旨

ほ乳類の生殖機能におけるメチル化H3K9の動的変動の役割

H3K9のメチル化修飾は、遺伝子発現が抑制されたクロマチンの代表的なエピジェネティックマークである。ほ乳類の生殖機能は、生殖細胞と体細胞が正しく分化することによって担保されている。私たちは、生殖細胞と体細胞におけるメチル化H3K9が、生殖機能の特定の段階でダイナミックに変動することを見いだした。本セミナーでは、その生物学的な意義について紹介したい。


一覧へ戻る