おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)218

講演者 加藤 久和 (助教(細胞ネットワーク講座・医化学研究室(高島研))
演題 G0S2タンパク質分解を標的としたATP産生増強剤の開発
日時 2019年7月18日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:塚本 蔵
Name:Osamu Tsukamoto        
Tel :06-6879-3492
E-mail: tsuka@medbio.med.osaka-u.ac.jp
言語 日本語








※クリックで写真拡大

心臓は刻刻と変化する全身の循環血液需要に対応して即座に適応しなければならず、全身の臓器の中で最もエネルギー(ATP)を消費する。しかしながらそのATP産生を調節する分子機構はあまり知られていない。我々は近年、ミトコンドリアにおけるエネルギー産生の調節分子として「G0S2(ジーゼロエスツー)」を同定した。G0S2はATP合成酵素を介して低酸素下におけるエネルギー産生効率を上昇させることを見出した。また、このG0s2が虚血性心疾患等の新たな治療標的になることを、ゼブラフィッシュを用いた機能解析から明らかにした。 最近の知見として、G0s2のタンパク質分解に注目しそのメカニズムの解明を進めてきたのでその成果を紹介するとともに、このタンパク質分解を指標にしたATP産生を増強する薬剤スクリーニングについても紹介したい。


一覧へ戻る