おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)217

講演者 桐野 陽平 (Associate Prof., Computational Medicine Center, Department of Biochemistry and Molecular Biology, Thomas Jefferson University)
演題 Expression and function of cyclic phosphate-containing RNAs: a hidden layer of the transcriptome
日時 2019年7月16日(火)15:00~16:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:甲斐 歳恵(生命機能研究科 生殖生物学研究室 教授)
Tel:06-6879-4645(生命機能研究科企画室)
E-mail:fbs-kikaku@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 英語












※クリックで写真拡大

演題/要旨

Expression and function of cyclic phosphate-containing RNAs: a hidden layer of the transcriptome

Cellular RNA molecules contain phosphate or hydroxyl ends. A 2′,3′-cyclic phosphate (cP) is one of the 3′-terminal forms of RNAs mainly generated from RNA cleavage by ribonucleases. Although transcriptome profiling using RNA-seq has become a ubiquitous tool in biomedical research, cP-containing RNAs (cP-RNAs) form a hidden transcriptome layer, which is infrequently recognized and characterized, because standard RNA-seq is unable to capture them. Despite cP-RNAs’ invisibility in RNA-seq data, increasing evidence indicates that they are not accumulated simply as non-functional degradation products; rather, they have physiological roles in various biological processes, designating them as noteworthy functional molecules. By developing cP-RNA-seq, we revealed comprehensive cP-RNA expression repertoire in cell lines and tissues. In addition to the cP-RNA expression profiles, the role of cP-RNAs in asthma and infectious diseases will be presented and discussed.

実施報告

217回コロキウム報告書】

2019716日(水)15:0016:00

 

生命システム棟2Fセミナー室において、第217回コロキウムを開催しました。今回の演者は、米国フィラデルフィアのトーマスジェファーソン大学よりお越しいただいた桐野陽平先生で、「Expression and function of cyclic phosphate-containing RNAs: a hidden layer of the transcriptome」というタイトルでお話しいただきました。最近では、塩基配列解析の技術が革新的に進歩しており、細胞内で発現しているRNAの種類と量に関する知見が飛躍的に蓄積されてきた。しかし、一般的に用いられている方法では解析できない特殊なRNAも存在しており、それらは未だ隠れた存在である。桐野先生のグループでは、そのような特殊なRNAのうち、RNA3'側が環状リン酸化されているものを見出し、その生成機構と生理的機能に関する研究を進めておられます。環状リン酸化RNAは、当初tRNA由来のものが知られていたが、桐野先生らが開発したプロトコールによって、環状リン酸化RNAが網羅的に探索された。その結果、リボソームRNAmRNAからも、環状リン酸化RNAが生成されることが明らかとなった。環状リン酸化RNAは、ヘアピン様の構造を形成すると考えられるRNA部分で多く見つかっていることから、RNAの立体構造と環状リン酸化RNAの生成機構との関連が示唆される。残念ながら、その生成に必要なRNA切断酵素は、まだ同定されていない。環状リン酸化RNAは、よく研究が進んでいる小分子RNAの1つであるマイクロRNAよりも多く存在していること、エクソソームにも取り込まれていることなどが明らかにされた。さらに、喘息や感染症における環状リン酸化RNAの挙動についても明らかにされており、環状リン酸化RNAの分子機能に迫る内容であった。


一覧へ戻る