おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)215

講演者 加藤 貴之 (特任准教授(日本電子YOKOGUSHI 協働研究所 (難波研))
演題 クライオ電子顕微鏡による生体試料の構造解析 〜主にべん毛モーター〜
日時 2019年7月4日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:加藤 貴之
Name: Takayuki Kato        
Tel :06-6879-4625
E-mail:galy@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語








※クリックで写真拡大

演題/要旨

クライオ電子顕微鏡による生体試料の構造解析 〜主にべん毛モーター〜

べん毛モーターは約30種類の蛋白質からなる複合体で、膜内外にできる陽イオンの電気化学ポテンシャルを運動エネルギーに変換する回転モーターである。その回転数はF1マシンのエンジンに匹敵する300Hzという非常に高速回転であるにもかかわらず、エネルギー変換効率はほぼ100%と試算される非常に高性能なモーターである。その回転メカニズムを明らかにするため、クライオ電子顕微鏡による構造解析を行っている。クライオ電子顕微鏡による構造解析は、試料に対する制限が少なく、特に大きな複合体に対しては近年第一選択的に使われる手法に成長した。本コロキウムではクライオ電子顕微鏡によるべん毛モーターの構造解析と、JEOLと共同開発した新しいクライオ電顕による世界最高分解能の結果について紹介する。


一覧へ戻る