おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)212

講演者 天野 薫 (主任研究員(情報通信研究機構・脳情報通信融合研究センター))
演題 視覚情報処理のクロックとしてのアルファ波
日時 2019年6月6日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:田口隆久(脳情報通信融合研究センター(CiNet)副研究センター長)
Name:Takahisa Taguchi       
Tel :080-9098-3228
E-mail:taguchi-takahisa@nict.go.jp
言語 日本語












※クリックで写真拡大

演題/要旨

視覚情報処理のクロックとしてのアルファ波

我々は,非侵襲的な脳活動操作手法を開発し,ヒトの知覚や行動に因果的に寄与する脳活動を調べている.中でも経頭蓋交流電気刺激(tACS)法は,アルファ波,ベータ波など脳活動の時間パターン(神経律動)を制御することが出来る有力なツールである.本講演では,アルファ波の周波数を増減させる技術を開発し,アルファ波が視覚情報処理のタイミングを決める機能があることを明らかにした研究を紹介する.


一覧へ戻る