おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)211

講演者 南野 徹 (准教授・プロトニックナノマシン研究グループ(旧難波研究室))
演題 環境変化に応じたべん毛モーターの固定子再編成における自律的制御
日時 2019年5月16日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:南野 徹
Name:Tohru Minamino        
Tel :4625
E-mail:tohru@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語










※クリックで写真拡大

演題/要旨

環境変化に応じたべん毛モーターの固定子再編成における自律的制御

べん毛モーターは回転子とその周りに配置される10個程度の固定子からなる。プロトンやナトリウムイオンなどの陽イオンが固定子に流れると、固定子が回転子リング構成蛋白質であるFliGと相互作用し、その結果べん毛モーターは回転する。べん毛モーターは回転運動マシナリーとして働くだけではなく、環境変化を感知するバイオセンサーとしても機能する。最近、べん毛モーターの固定子複合体が外環境変化を感知し、回転子リング複合体の周りに配置される固定子の数を自律的に制御することを見出した。本コロキウムでは、環境変化に応じたべん毛モーターの固定子再編成における自律的制御メカニズムについての最新の知見を紹介する。


一覧へ戻る