おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)208

講演者 松岡里実 (助教・1分子生物学研究室(上田研))
日時 2019年4月18日(木)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:橘木修志
Name:Shuji Tachibanaki       
Tel :06-6879-4610
E-mail:banaki@fbs.osaka-u.ac.jp
言語 日本語












※クリックで写真拡大

演題/要旨

細胞は一様な環境下でランダムな方向に運動する自発運動を示す。細胞内シグナル伝達を介した前後極性の形成は、細胞外からの方向情報の入力を必ずしも必要とせず、細胞内で自発的に起こる。こうした自発的な対称性の破れが顕在化する例として、細胞性粘菌のアメーバ細胞における前側シグナル伝達分子PIP3(フォスファチジルイノシトール3,4,5-3リン酸)の進行波が挙げられる。進行波のような細胞内での分子の集団運動は、確率的に反応し拡散する分子からどのようにして発生するのだろうか。我々は、1分子イメージングによって生きた細胞内で1分子を可視化して反応・運動の統計解析を行い、得られた定量データを用いて数理モデルを構築する研究に取り組んできた。本発表では、イノシトールリン脂質代謝系と低分子量Gタンパク質Rasの興奮性によって自発的な対称性の破れが起こる仕組みについて紹介する。


一覧へ戻る