おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)204

講演者 望月 葵 (ナノ・バイオフォトニクス研究室(井上研)/工学研究科M2)
演題 神経細胞のラマン分光計測
日時 2019年1月23日(水)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:石飛 秀和
Contact:Hidekazu Ishitobi
Tel :4617
E-mail:ishitobi@ap.eng.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大

演題/要旨

神経細胞のラマン分光計測

細胞内の生体分子の分布やその機能を無標識かつ低侵襲に測定する方法として、ラマン分光法が注目されている。現在我々の研究室では、ラマン分光法を用い、中枢神経系における神経伝達物質の機能の解明に向けた研究を行っている。発表では、ラット胎児から取り出した海馬神経細胞のラマンスペクトルおよびイメージング例を紹介する。また神経伝達物質であるグルタミン酸のラマン分光計測結果について紹介する。


一覧へ戻る