おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)200

講演者 西川 恵三 (免疫学フロンティア研究センター 免疫細胞生物学・特任准教授)
演題 酸素イメージングを活用した新しい酸素生物学研究の試み
日時 2018年11月21日(水)12:15〜13:00
場所 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人氏名:菊田順一(免疫細胞生物学研究室(石井研)・助教)
Contact: Junichi Kikuta
Tel :06-6879-3881
E-mail:jkikuta@icb.med.osaka-u.ac.jp

演題/要旨

酸素イメージングを活用した新しい酸素生物学研究の試み

酸素は、生体内のすべて細胞にとって生命活動の源である。酸素に対する細胞応答の研究は枚挙に暇がなく、in vitro解析に資する研究手法の充足感は満ちている。一方で、組織内でどの程度の酸素が維持されており、恒常的な酸素分圧からの乱れがどのような細胞応答を誘導するのかをin vivoで知る方法は発展途上である。本発表では、近年、演者らが取り組んでいる二光子寿命イメージング法を用いた生体内酸素の定量イメージングについて紹介するとともに、従来研究で明らかにされてきた酸素に対する生体応答の真偽について議論したい。


一覧へ戻る