おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第181回生命機能研究科研究交流会2018年1月31日(水)12時15分~13時
講演:岡本 浩二(生命機能研究科 ミトコンドリア動態学研究室・准教授)

講演者 岡本 浩二(生命機能研究科・ミトコンドリア動態学研究室/准教授)
講演タイトル 「小胞体上のトランス作用因子を介したミトコンドリア分解の制御」
日時 2018年1月31日(水)12時15分〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:岡本 浩二(生命機能研究科ミトコンドリア動態学研究室・准教授)
Tel :7970
E-mail: kokamoto@fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大


【講演案内】

演者:岡本 浩二 (生命機能研究科・准教授)

所属:生命機能研究科・ミトコンドリア動態学研究室
  
演題:「小胞体上のトランス作用因子を介したミトコンドリア分解の制御」

要旨:
  余剰または不良ミトコンドリアの選択的分解は、酵母からヒトまで保存された基本的な仕組みであり、ミトコンドリアの量と質の管理に寄与している。この異化過程は、細胞質成分をリソソームに運んで分解する細胞の自食作用「オートファジー」に依存しており、それゆえ「マイトファジー」と呼ばれる。マイトファジー欠損は、ミトコンドリア機能低下、神経変性、心/肝不全、老化、がんといった多くの障害に関わっており、その生理的意義が指摘されている。過去の研究において、マイトファジーの選択性を規定する鍵分子が多数明らかにされてきたが、細胞がどのようにしてマイトファジーと他の細胞機能とを連係させているのかはほとんどわかっていない。私たちは出芽酵母をモデル生物に用いて、マイトファジーと小胞体タンパク質生合成/分解経路との意外なリンクを示唆する証拠を得ている。異種オルガネラの因子がトランスに作用しミトコンドリア分解を制御する可能性について、議論したい。


世話人:岡本 浩二(生命機能研究科ミトコンドリア動態学研究室・准教授)
Tel :7970
E-mail: kokamoto@fbs.osaka-u.ac.jp

一覧へ戻る