おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第178回生命機能研究科研究交流会2018年1月10日(水)12時15分~13時
講演:田中信行(生命システム研究センター(QBiC)・集積バイオデバイス研究ユニット・研究員)

講演者 田中 信行(集積バイオデバイス研究ユニット・研究員)
講演タイトル 「バイオユーザーフレンドリーなものづくり」
日時 2018年1月10日(水)12時15分〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:青木 高明(生命システムセンター・特任准教授)
Tel:06-6872-4810
E-mail:t_aoki@riken.jp












※クリックで写真拡大


【講演案内】

演者:田中 信行(集積バイオデバイス研究ユニット・研究員)

所属:生命システム研究センター(QBiC)集積バイオデバイス研究ユニット
  
演題:「バイオユーザーフレンドリーなものづくり」

要旨:
 レーウェンフックが自作の顕微鏡を使って、目には見えない小さな生き物が存在することを発見したように、生物学上の重要な発見には新技術が欠かせない。現代において、学術分野が細分化される中で、生物学の専門家と工学の専門家が高度に連携することで、生物学上の新たな進展が期待できる。本講演では、細胞生物学分野の実験に役立つ単一細胞分析や細胞組織形状制御のための研究者が使いやすいマイクロデバイスについて紹介する。


世話人:青木 高明(理化学研究所・QBiC)
Tel:06-6872-4810
E-mail:t_aoki@riken.jp

一覧へ戻る