おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第168回生命機能研究科研究交流会2017年9月14日(木)12時15分~13時
講演:岩渕ー土井真木子(ペンシルバニア大学・研究員/ 近藤寿人研出身)この回は木曜日

講演者 岩渕ー土井真木子(ペンシルバニア大学・ Kenneth Zaret Lab/研究員)
講演タイトル "Developmental Role and Mechanistic Insight into Chromatin Opening by Pioneer Factor" 
日時 2017年9月14日(木)12時15分〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:橋本昌和 (生命機能研究科初期胚発生研究室(佐々木研)・助教)
Tel:06-6879-4659(ex.4659)
E-mail:mhashimo@fbs.osaka-u.ac.jp








※クリックで写真拡大


【講演案内】

※岩渕様には、翌日の第15回FBS研究教育交流会にても生命OBとして、ご講演いただきます。

演者:岩渕ー土井真木子(ペンシルバニア大学・ Kenneth Zaret Lab/研究員)

所属:ペンシルバニア大学・Cincinnati Children's Hospital Medical Center, USA (starting in Nov 2017)
  
演題:"Developmental Role and Mechanistic Insight into Chromatin Opening by Pioneer Factor" 

要旨:
  Gene regulation occurs in the context of chromatin, the complex of DNA and histone proteins that makes up nucleosomes, where linker histones stabilize a repressive, closed configuration.  A distinct combination of transcription factors is necessary to elicit cell fate changes in embryonic development and cellular reprogramming.  Within each group of fate-changing transcription factors, a subset called "pioneer factors" are dominant in their ability to engage silent chromatin and recruit other transcription factors, thereby imparting new function to regulatory DNA sequences.  However, the molecular mechanisms by which pioneer factors open chromatin remains unclear.  Here we demonstrate that a pioneer factor FoxA, but not ATP-dependent chromatin remodelers, opens unmodified chromatin compacted with linker histones, which then allows chromatin remodelers to further open chromatin.  We identified a chromatin opening domain in FoxA C-terminus that potentially interacts with core histones.  When we deleted the chromatin opening domain in the mouse FoxA2 genomic locus, but kept the other FoxA2 parts intact, including the DNA binding and transactivation domains, chromatin opening and embryonic development were markedly affected.  These studies provide mechanistic insight into chromatin opening and can ultimately enhance our ability to control chromatin state at will.

【実施報告】
生命システム棟2階セミナー室 & ラウンジにおいて、第168回コロキウムを開催しました。今回は米国ペンシルバニア大学より岩渕真木子さんにお越しいただき、"Developmental Role and Mechanistic Insight into Chromatin Opening by Pioneer Factor" というタイトルでお話しいただきました。
岩渕さんは本研究科の近藤寿人研(現京産大)の卒業生で現在ポスドクとして米国に留学中です。アメリカでの就職活動を経て、今秋からシンシナティで独立され自身のラボをもたれる予定で、このたび一時帰国に合わせてセミナーをしていただきました。
一般的な転写因子はエピジェネティックな制御により凝集したヘテロクロマチン状態では直接アクセスできず、単独では転写をおこなえませんが、Foxaなどの限られた転写因子はそれ自身でクロマチン状態を変化させ転写を開始することができるそうです。そのような転写因子をPioneer Factorと呼び、生化学的なアッセイやマウス胚を用いた初期発生におけるPioneer Factorの役割についての未発表データを紹介してくださいました。
本セミナーにはエピジェネティクスや発生、転写因子などが専門の方が多数こられ、多くの専門的な質問も寄せられ、大変有意義な会となりました。


世話人:橋本昌和 (生命機能研究科初期胚発生研究室(佐々木研)・助教)
Tel:06-6879-4659(ex.4659)
E-mail:mhashimo@fbs.osaka-u.ac.jp


一覧へ戻る