おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第162回生命機能研究科研究交流会2017年5月31日(水)12時15分~13時
講演:川上慶(染色体機能制御研究室・研究員)/石井浩二郎(染色体機能制御研究室・特任准教授)

講演者 川上慶(染色体機能制御研究室・研究員)
講演タイトル 「ヒストンH3K9メチル化酵素複合体の新機能」
講演者 石井浩二郎(染色体機能制御研究室・特任准教授)
講演タイトル 「セントロメア形成の限定メカニズム 」 
日時 2017年6月7日(水)12時15分〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:石井浩二郎 (生命機能研究科 染色体機能制御研究室・准教授)
Tel :ext. 4660
E-mail:ishii@fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大


【講演案内】

演者1:川上慶(染色体機能制御研究室・研究員)

所属:生命機能研究科 染色体機能制御研究室(石井浩二郎研)     

演題:「ヒストンH3K9メチル化酵素複合体の新機能」  

要旨:
 真核生物の染色体には、遺伝子の発現が活性化された領域(ユークロマチン)と不活性化された領域(ヘテロクロマチン)が存在します。ヘテロクロマチンの形成には、ヒストンH3の9番目のリジンがメチル化修飾(H3K9me)を受ける事が重要で、その仕組みは分裂酵母からヒトまで広く保存されています。今回、私たちはH3K9me修飾酵素を含むタンパク質複合体が、H3K9メチル化酵素複合体としてだけでなく、H3K9の脱メチル化酵素を分解するE3ユビキチンリガーゼ複合体として機能することを発見しました。本発表では、ヒストンメチル化酵素が脱メチル化酵素を分解するという、単純かつ新しいモデルについて議論したいと思います。


演者2:石井浩二郎(染色体機能制御研究室・特任准教授)

所属:生命機能研究科 染色体機能制御研究室(石井浩二郎研)     

演題:「セントロメア形成の限定メカニズム 」   

要旨: 
  各染色体にセントロメアが単一存在することはゲノムの安定継承に不可欠です。しかし、セントロメアはエピジェネティックに規定され、新規クロマチン領域にも形成可能です。この性質はゲノムの安定継承には両刃の剣ですが、新規セントロメア形成の抑制と許容のメカニズムはよく理解されていません。私たちは今回、新規セントロメア形成は細胞核構造を介して適度に限定されていることを見出したので報告します。


世話人:石井浩二郎 (生命機能研究科 染色体機能制御研究室・特任准教授)
Tel :ext. 4660
E-mail:ishii@fbs.osaka-u.ac.jp

一覧へ戻る