おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第161回生命機能研究科研究交流会2017年5月24日(水)12時15分~13時
講演:林正道(北澤研・学術振興会特別研究員)/磯村朋子(北澤研・学術振興会特別研究員)

講演者 林 正道(北澤研・学術振興会特別研究員)
講演タイトル 「時間を計る脳のしくみ」  "Brain mechanisms of time perception"
講演者 磯村 朋子(北澤研・学術振興会特別研究員)
講演タイトル 「表情模倣から探る社会認知の発達 」 ”Automatic facial mimicry and development of social cognition”
日時 2017年5月24日(木)12時15〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:中野珠実 (生命機能研究科 ダイナミックブレインネットワーク研究室・准教授)
Tel :06-6879-4435
E-mail:tamami_nakano@fbs.osaka-u.ac.jp

【講演案内】

演者:林 正道(北澤研・学術振興会特別研究員)

所属:生命機能研究科 ダイナミックブレインネットワーク研究室(北澤研)     

演題:「時間を計る脳のしくみ」  

"Brain mechanisms of time perception"


要旨:
 私たちはダイナミックに変化する環境の中に現れる様々な刺激の時間情報(時間の長
さ、間隔、タイミング)を意識的・無意識的に推定・学習し、運動や知覚の最適化、
意思決定、社会的相互作用などに役立てています。「時間」は「空間」と同様に、
我々の行動や認識を構成する最も基本的かつ重要な要素であるにもかかわらず、ヒト
の脳でどのように表現されているかということはよく分かっていません。近年の研究
では、「時間の長さ」の情報が、特定の時間の長さに選択性をもつニューロン群によ
る「集団コーディング」によって表現されているとする証拠が次々と得られてきまし
た。本講演では、この「時間の長さ」の脳内表現と、我々の主観的な時間感覚の関係
についての最新の研究成果をご紹介したいと思います。



演者:磯村 朋子(北澤研・学術振興会特別研究員)

所属:生命機能研究科 ダイナミックブレインネットワーク研究室(北澤研)     

演題:「表情模倣から探る社会認知の発達 」   
"Automatic facial mimicry and development of social cognition"

要旨: 私たちはしばしば、無意識のうちに他者の表情や仕草を模倣したり、運動のタイ
ミングを同期させたりする。そのような無意識の同調は、私たちの社会認知機能の基
盤となっていると考えられているが、その発達過程についてはあまりわかっていな
い。今回、特に表情の模倣に着目し、表情模倣の初期発達と、社会認知機能の発達と
の関連について調べた研究を紹介する。


世話人:中野珠実 (生命機能研究科 ダイナミックブレインネットワーク研究室・准教授)
Tel :06-6879-4435
E-mail:tamami_nakano@fbs.osaka-u.ac.jp

一覧へ戻る