おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第158回生命機能研究科研究交流会2017年4月26日(水)12時15分~13時
講演:西條 将文(生命機能研究科・准教授)/申 育實(医薬基盤・健康・栄養研究所・特任研究員)

講演者 西條 将文(生命機能研究科 特別研究推進講座 細胞機能学研究室 准教授)
講演タイトル 「転写と共役したヌクレオチド除去修復におけるユビキチン化・SUMO化の関与」
講演者 申 育實 (国立研究開発法人 医薬基盤 健康 栄養研究所・特任研究員)
講演タイトル 「コケイン症候群B群患者治療を志向した人工核酸による創薬基盤の創製」
日時 2017年4月19日(水)12時15〜13時
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人:西條 將文(生命機能研究科 特別研究推進講座 細胞機能学研究室 准教授)
Tel :06-6877-9136
E-mail:saijom@fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大


【講演案内】

〇演者1:西條 将文 (生命機能研究科・准教授)

所属:生命機能研究科 特別研究推進講座 細胞機能学研究室   

演題:「転写と共役したヌクレオチド除去修復におけるユビキチン化・SUMO化の関与」 
  
要旨:
転写の鋳型鎖上にあり転写伸長を阻害するDNA損傷は「転写と共役したヌクレオチド除去修復」により除去される。RNAポリメラーゼの進行の停止が引き金となると考えられているがその分子機構はまだ明らかではない。また、この修復の異常によりコケイン症候群や紫外線高感受性症候群などの遺伝性疾患が引き起こされる。今回のコロキウムでは、修復過程におけるユビキチン化・SUMO化の関与について私たちの研究室の最近の成果を含めて紹介する。


〇演者2:申 育實 (医薬基盤・健康・栄養研究所・特任研究員)

所属:国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所   

演題:「コケイン症候群B群患者治療を志向した人工核酸による創薬基盤の創製」   

要旨:
コケイン症候群(Cockayne syndrome; CS)は常染色体劣性遺伝疾患であり、臨床症状として早期老化や日光過敏、発育遅延や種々の神経症状が挙げられる。このように重篤な疾患であるにも関わらず根治法は存在せず、対症療法に止まるのみである。原因遺伝子の1つとして患者の約8割にCSB遺伝子が報告されているが、CSB遺伝子への変異を原因する疾患として、他にも紫外線高感受性症候群(UV sensitive syndrome; UVSS)が挙げられる。UVSS患者では軽度の日光過敏が見られるのみであり、同一遺伝子への変異が重篤度の異なる2つの疾患を引き起こす原因は不明である。しかしそれぞれの患者細胞ではタンパク質の発現様式に傾向が見られる。CS患者細胞では変異CSBタンパク質の他に、スプライシングバリアントとしてCSB-PGBD3キメラタンパク質が発現するのに対しUVSS患者細胞ではPGBD3のコード領域より上流に終止コドンを生じる変異のため、CSB-PGBD3キメラタンパク質は発現せず短いCSBペプチドが発現するのみとなる。発表者は、このようなタンパク質の発現様式の違いが発症する疾患を決定する可能性があり、もしそうであれば、CS患者のタンパク質発現様式をUVSS患者の状態に変換することがCS患者治療に繋がり得ると考えた。人工核酸の1種であるスプライシングスイッチングオリゴヌクレオチド(splicing switching oligonucleotide; SSO)によりCSB mRNA上のエキソンXを読み飛ばすことが、このような変換を可能にする。本研究ではCSB mRNAのエキソンXを高効率で読み飛ばすSSO配列をスクリーニングにより複数得るとともに、それらSSO投与によりCS患者細胞で欠損している細胞機能の一部が回復することを見出した。今回は上記治療戦略について、SSO設計から細胞を用いた評価まで一連の成果を紹介する。


世話人:西條 將文(生命機能研究科 特別研究推進講座 細胞機能学研究室 准教授)
Tel :06-6877-9136
E-mail:saijom@fbs.osaka-u.ac.jp

一覧へ戻る