おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

第124回生命機能研究科研究交流会2015年11月25日(水)12時15分~
講演:渡邊浩(生命機能研究科・木村研究室・助教)

講演者 渡邊浩(生命機能研究科・木村研究室・助教)
講演タイトル 「テラヘルツ光を用いてみる世界」
日時 2015年11月25日(水)12時15分〜
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室&ラウンジ
世話人 世話人 :木村真一(生命機能研究科・教授)
Tel:06-6879-4600
E-mail:kimura@fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大


【講演者情報】

講演者:渡邊浩(生命機能研究科・木村研究室・助教)

講演内容:「テラヘルツ光を用いてみる世界」

要旨:
光物性とは光を用いて物質を制御し観測する学問である。
光とは電磁波であり普段私達が直接見ることができる可視光以外にも、X線や赤外線、さらに
電子レンジなどに使われるマイクロ波などの電波も含まれている。
近年そんな様々な光のうち、周波数がテラヘルツ領域にある光が着目され、研究が盛んに行われている。
このテラヘルツ波は電波と光の中間の性質を持ち、高い透過性があり生体分子間の運動を見ることができる
事が知られている。テラヘルツ光を用いたイメージングなど、どのようにテラヘルツ光が応用されているか
について紹介したい。



・世話人氏名 :木村真一 (生命機能研究科・教授)     
 Tel :06-6879-4600
 Eメール :kimura@fbs.osaka-u.ac.jp

一覧へ戻る