おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)110

講演者 佐々木洋(生命機能研究科・個体機能学講座・初期胚発生研究室 教授)
演題 「初期胚発生における細胞間コミュニケーション」
日時 2015年5月27日(水)12時15分〜13時00分
場所 生命機能研究科 生命システム棟2階セミナー室
世話人 世話人:加村啓一郎(生命機能研究科 助教)
Tel:06-6879-4659
E-mail:k1kamura@fbs.osaka-u.ac.jp












※クリックで写真拡大

【講演内容紹介】

タイトル
「初期胚発生における細胞間コミュニケーション」
演者
佐々木 洋

講演内容
私たちの体はどのようにして正確に作られるのでしょうか?体を作る個々の細胞が、周囲の細胞とコミュニケーションすることで、周囲の状況に応じたふるまいをするためと考えられます。今回のコロキウムでは、私たちが、これまでに行ってきた、Hippoシグナルに注目した着床前胚の発生と細胞競合機構の研究について紹介します。


一覧へ戻る