おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科研究交流会(FBSコロキウム)

  交流会日時 講演 当日の様子
245 2020年7月16日(木)12:15〜13:00 高等動物セントロメアのエピジェネティック制御
堀 哲也 准教授/生命機能研究科 染色体生物学研究室(深川研)


世話人:堀 哲也(准教授・染色体生物学研究室(深川研))
Name: Tetsuya Hori
Tel:06-6879-4425
E-mail:thori@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
244 2020年7月9日(木)12:15〜13:00 ノンコーディングRNAの暗号解読
廣瀬 哲郎 教授/生命機能研究科 細胞ネットワーク講座 RNA生体機能研究室


世話人:山崎 智弘
Name:Tomohiro Yamazaki        
Tel :06-6879-4675
E-mail:tyamazaki@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
243 2020年7月2日(木)12:15〜13:00 マウスの性決定遺伝子Sryにおける新規転写産物の役割
宮脇慎吾 特任助教(細胞ネットワーク講座/エピゲノムダイナミクス研究室(立花研)


世話人:黒木 俊介(立花研准教授)
Name:Shunsuke Kuroki       
Tel :06-6879-4672
E-mail:skuroki@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
242 2020年6月25日(木)12:15〜13:00 非コードRNAタンパク質複合体の液相分離が相同染色体を対合させる
平岡 泰 教授(細胞ネットワーク講座/細胞核ダイナミクス研究室(平岡研)


世話人:淺川東彦
Name:Haruhiko Asakawa 
Tel :06 6879 4621
E-mail:askw@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
241 2020年6月18日(木)12:15〜13:00 心不全特異的エンハンサーCR9は力学的負荷で活性化されBNP発現を増加する
松岡 研 助教(細胞ネットワーク講座/医化学研究室(高島研)


世話人:塚本 蔵(代理:松岡 研)
Name:Osamu Tsukamoto(Ken Matsuoka)        
Tel : 06-6879-3492
E-mail:kmatsuoka@medbio.med.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
240 2020年6月11日(木)12:15〜13:00 PIP2-PTEN ポジティブフィードバックは細胞極性を安定化する
好岡 大輔 統合生理学研究室 特任研究員(元FBS大学院生(上田研)~2020.3.31)


世話人:橘木 修志
Name:Shuji Tachibanaki
Tel :06-6879-4611
E-mail:banaki@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら
239 2020年6月4日(木)12:15〜13:00 蛍光イメージングによる細胞内情報伝達と大腸菌走化性応答の同時計測
福岡 創 准教授(ナノ生体科学講座/生体機能分子計測研究室(石島研)


世話人:福岡 創
Name:Hajime Fukuoka
Tel :06-6879-4429
E-mail:f-hajime@fbs.osaka-u.ac.jp

場所: Zoomでのオンラインセミナーとなります:参加に必要なサインイン情報等は前日までに、関係者へのメールにてアナウンス致します。
詳細はこちら

生命機能研究科ではフロンティアバイオサイエンスコロキウムの他にも生命機能研究科セミナーを開催しています。ふるってご参加ください。2011年度まではグローバルCOEの支援による外国人研究者等によるセミナーも活発に開催しました。