おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

新着情報

理化学研究所と協力して、新しい組織「QBiC」を立ち上げました。
大学院生を募集しています。

QBiC-logo.gif

2011年4月、当研究科は独立行政法人理化学研究所と協力して、新しい組織「QBiC」を立ち上げました。「QBiC」は「Quantitative Biology Center」の略称であり、"細胞まるごとモデリング"を中心テーマとして細胞をシステム科学することを目指します。


====================================================

計測、計算、そしてデザイン技術の開発と新概念の創出によって、細胞まるごとモデリングが実現すると、細胞で起こる様々な現象が予測できるようになり、細胞とその集団を自在に操ることが可能になるでしょう。
細胞システムの操作技術は、20世紀の生命科学を牽引してきた遺伝子操作技術に匹敵する21世紀の革新的技術となり、生命科学に変革をもたらし、そして再生医療や病態予測など様々なライフイノベーションの創出に大きく貢献すると期待します。

====================================================
 「当センターのミッション」(柳田敏雄 センター長)より抜粋


このようなミッションをもつ新しい研究拠点の誕生にともなって、共に新しいフィールドで研究を進める仲間を広く募集しています。つきまして、大学院生を広く受け入れる決定をしました。新しい研究のフィールドを開拓したい大学院生、何か新しいことにチャレンジしたい大学院生、将来の糧となる実力を付けたい大学院生のみなさん、ぜひ一緒に「新しいサイエンス」をつくりましょう!


     Webサイト → QBiC 生命システム研究センター