おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

新着情報

FBS共同研究提案、2件決定!

生命機能研究科のリトリートで募集された、共同研究提案(7月19日締め切り)の採択結果について、8月中に応募者の方々へ通知されました。応募件数は7件で、厳正な審査の結果、上位2つが同スコアとなり2件が採択されました。トータル150万円、近々75万円ずつか2チームに配分される予定です。採択チームは山口新平助教・足澤悦子助教のペア、井木太一郎助教・牧野文信招へい研究員のペアになりました。

審査プロセスは、審査員(教授複数名)によるポイント加算制(審査員の研究室からの申請書の組み合わせの際、審査や加点はなし)とし、それぞれの応募者に結果とコメントがフィードバックされています。採択されたプロジェクト名は以下です。

  • 「母親からのケアが新生仔の脳に長期的な影響を及ぼす分子機構の解明〜エピジェネティクスと神経生理学からのアプローチ〜」
    山口新平助教(仲野研究室)・足澤悦子(八木研究室)
  • 「AI-based Screening to Identify Small RNA-Binding Proteins Enabling Non-cell-autonomous Gene Silencing」
    井木 太一郎助教(甲斐研究室)・牧野文信招へい研究員(難波研究室)

改めて、おめでとうございました!予想を上回る数のご応募、皆様からのご支援、ご協力に感謝いたします。

共同研究提案審査コミッティーメンバー一同(代:企画室)