おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

日本神経科学学会 時實利彦賞

平成20年7月9日、 東京国際フォーラムにおいて開催された第31回日本神経科学大会において、 生命機能研究科の藤田一郎教授による時實利彦賞受賞講演が多くの聴衆を前に行われた。 「両眼立体視:2つの目と2つの皮質経路でみる3D世界」というタイトルで、 ヒトを含む霊長類の大脳内の一次視覚野(V1)を起点とする2つの皮質経路、 すなわち腹側経路と背側経路における両眼立体視のメカニズムに関する講演が行われた。 講演では、どのようにして両眼立体視による3次元世界の奥行きに関する情報が神経細胞の発火により表現され、 多層の神経回路により行動に利用できる形に変換されているかという興味深い問題について、 自身と研究室のメンバーよる多くの研究成果をまとめた。 これらの2つの経路が担う役割と両眼立体視に関する情報処理について、 最先端の知見を専門外の研究者にもわかりやすく解説した。


一覧へ戻る