おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

内村有邦特任助教(心生物学研究室) 日本環境変異原学会第40回大会にて泰野賞(ベストプレゼンテーション賞)を受賞。

uchimura-201111.jpg

プレゼンテーションタイトル:
「マウスをモデルとした、高頻度に発生する生殖系列突然変異が次世代以降の個体に与える影響の解析」


▼関連ニュース
「ピピピッとさえずるマウス、遺伝子操作で誕生」読売新聞
「Japan bio-scientists produce 'singing mouse'」AFP通信
「'SINGING MOUSE' MADE WITH GENETIC MODIFICATION」Discovery News
「Singing Mouse: A New Phenomenon? Not According to 1936 TIME Article」Time.com
日本遺伝学会の2010年度(第82回大会)でベストペーパー賞を受賞
「大阪大学、ネオ・モルガン研究所、進化を加速する技術を利用して変異マウスを作製、小鳥のように鳴くマウスも誕生」Biotechnology Japan


一覧へ戻る