おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

初期胚発生研究室〈佐々木教授〉

研究概要

私たちのからだは、多くの細胞からできています。多くの細胞が集まって、からだを正しく作りあげ、維持するためには、細胞同士がコミュニケーションをとって、そのふるまいを調和させる事が必要です。発生におけるコミュニケーションの乱れは、奇形などの発生異常に、成体における乱れはがん等の疾患につながります。

どのようにして私たちの体が正確に作られるのか、当研究室では、そのしくみを明らかにするために、主に、マウス初期胚発生を研究対象として、Hippo シグナル経路や細胞競合など、細胞同士の接着によるコミュニケーションに注目して研究しています。具体的には以下のような研究を行っています。   

1. 着床前のマウス胚における細胞分化制御機構の研究 
2. 細胞競合に注目した隣接した細胞間のコミュニケーション機構の研究 
3. 隣接細胞間のコミュニケーションがマウスの初期胚発生にはたす役割の研究 

細胞間コミュニケーションの図.jpg

 1. 着床前のマウス胚における細胞分化制御機構の研究 

着床前のマウス胚の分化は、少数の細胞が生体内でコミュニケーションすることで分化する様子を研究できる非常に優れた系です。着床前胚は、内部細胞隗という胚の体を作る細胞と、栄養外胚葉という胎盤を作る細胞の2つの細胞を作り出しますが、この分化は細胞間のコミュニケーションによって決まっています。私たちは、その分化には、細胞間の接着によって活性化されるHippoシグナルが関わっていることを見出しました。Hippoシグナルが細胞間コミュニケーションによってどのように制御され、形を正しく作り上げてゆくのか、そのしくみを研究しています。 

着床前胚の図.jpg



 2. 細胞競合に注目した隣接した細胞間のコミュニケーション機構の研究 

発生中の胚の中では、細胞はダイナミックに変動しており、その状態にはばらつきがあります。従って細胞が協調して正確に体を作るためには、隣接した細胞の状態を認識し・自身の状態と比較して、挙動を協調させたり、協調できない異常な細胞を排除することが必要です。異常細胞の排除を起こす細胞間コミュニケーションの一つに、細胞競合があります。私たちは、培養細胞を用いて細胞競合のモデル系を作ることに成功しました。その系を活用して、細胞がどのようにして隣接細胞の状態を認識して互いにコミュニケーションしているのか、そのしくみを明らかにします。 

細胞競合の図.jpg

 3. 隣接細胞間のコミュニケーションがマウスの初期胚発生にはたす役割の研究

 発生によって体が正確に作られるためには、隣接した細胞間のコミュニケーションによる協調や競合が大切と考えられますが、実際に発生の中で、いつ、どこで、どのようなコミュニケーションが起こることが、正確な体つくりに必要なのか、ほとんどわかっていません。上記の培養細胞の研究から明らかになった細胞間のコミュニケーションのしくみが、実際にマウス胚の体が作られるときに、いつ、どこで、どのような役割を果たしているのか、遺伝子を改変したマウスを用いて明らかにしてゆきます。

細胞競合胚写真.jpg


研究室一覧へ戻る