おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命動態イメージングセンター〈柳田特任教授〉

役職 氏名 Email TEL 研究・教育業績
特任教授 柳田 敏雄 06-6879-4630 詳細を見る
TEL 06-6155-0111
研究室郵便宛先 〒 565-0874  大阪府吹田市古江台6-2-3
大阪大学バイオ関連多目的研究施設(OLABB )内
HP http://www.qbic.riken.jp/japanese/research/outline/lab-01.html

1. 生命システム研究センター(QBiC)

生命システム研究センター(QBiC)では、"細胞まるごとモデリング"を中心テーマとして細胞をシステム科学することを目指します。細胞は膨大な素子がネットワークを形成して相互作用する超複雑な生命システムです。それをまるごとモデリングするために、計測、計算とモデル化、そして細胞機能の再構成のための 最先端技術を開発し、これらを融合して細胞システムの動態に迫ります。

■詳しくはこちら
http://www.rfd.jp/kobe/QBiC/

2. 脳情報通信融合研究センター

情報通信研究機構(NICT)/国際電気通信基礎技術研究所(ATR)と共同して脳情報通信融合研究センターも立ち上げ、ヒト脳機能のイメージング、ロボテックス、BMIなどと情報科学を融合し, 新しい脳科学を展開していきます。

■詳しくはこちら
http://www-karc.nict.go.jp/w131104/
PDF

3. 免疫学フロンティアセンター(iFReC)

これまで、免疫学は分子生物学や細胞生物学的手法で大きく進展しています。しかし、これらは要素還元的アプローチが中心で、これからは、それに加えて組織や個体で時々刻々変化する免疫反応を捉える事が重要です。そこで、従来の免疫学に最先端のイメージング技術や計算機科学の手法を導入し、免疫システムのダイナミックスの解明を目指します。

■詳しくはこちら
http://www.ifrec.osaka-u.ac.jp

研究室一覧へ戻る