おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

生命機能研究科とは?

大阪大学 大学院生命機能研究科 研究科長

吉森保

研究って何?

生命機能研究科は、生命のしくみを研究するところです。あなたがこの文章を読んでいるということは、恐らく生命や研究に興味があるのではないかと思います。当研究科を受験する人達に志望理由を聞くと、研究がしたいからと言う答えがよく返ってきます。では研究っていったい何でしょう。病気を治すための研究や災害から社会を守るための研究もありますが、本来的には知的好奇心に基づき人間がまだわかっていないことを「研ぎ澄まし究めること」つまりは本質を理解することを目指すものです。生命機能研究科は、生命という大いなる謎に対して、なぜ?どうなっているの?という根源的な問いかけを行ういわゆる基礎研究の場です。

ここ何年か日本からノーベル賞が次々と出て喜ばしい限りです。2016年のノーベル生理学医学賞を受賞された大隅良典博士(東京工業大学栄誉教授)が興味深いことを言われています。「役に立つか立たないかわからない研究が尊い。」私も同感です。研究という知の地平における探検では、役立つかどうかに捕われていると道は拓けません。そして役に立つかどうかわからないけれど真理を探求した研究から大きな発見が生まれ、本当に役立つ技術が導かれます。大隅博士の研究対象であるオートファジーは今、多くの疾患を抑制していることが判り医学的応用が期待されています。博士らによる分子機構の解明があったから判ったことですが、当初は予想もされていませんでした。

人間性に深く根ざす、知りたいという欲求を原動力とする研究活動=科学は、文化であり人類共通の財産です。我々人類は数千年に亘って営々とひとつずつ発見を積み上げ、壮大な知の伽藍を築き上げてきました。それは目に見えませんが、未完成の美しくも厳かな大建築です(サグラダファミリアのような)。そこには役に立つかどうかを超えた大きな価値があります。さあ、一緒に煉瓦を積み上げませんか?

そして生命機能研究科は「おもろい研究」を標榜しています。そうなんです、研究は実はおもろいんです。なぜおもろいのか、どうおもろいのか、それは内緒です。入学して自分で見つけて下さい。当研究科には「おもろい」がゴロゴロ転がっています。見ようとしないと見えませんが。

歴代研究科長のメッセージはこちら

生命機能研究科概要

生命体は、核酸、遺伝子、蛋白質、生体膜といった要素によって構成されています。これらは、遺伝子工学、分子生物学、生理学など、医学・生命科学の研究分野によりもたらされましたが、20世紀の生命科学の発展によって、その解明作業は急速に進みました。生命機能が成立するための基盤の知識が整ったのです。しかし、生命は物質や生体部品の単なる寄せ集めで成り立っているのではありません。それらが極めて動的に絡み合いながら、刻々と変化することによって、初めて生命体システムが成り立ち、多様な機能を生み出しているのです。

生命科学の発展の成果を反映して、細分化されていた従来の枠組みはその意義を失いつつあり、生命科学は、事実上3つに再編されています。まず、20世紀の学際的成果を基礎として、「生命機能学」があります。 これとともに、生命体を構成する物質についての科学である生命物資学、ヒトをはじめとする生物と自然のかかわりについての科学である環境・生態学が、生命機能学と肩を並べつつ、今後の生命科学を担ってゆきます。

「生命機能学」とは、生きた生命体がシステムとして実現する様々な機能について、その原理と機構を解明する科学です。その発展のためには、従来の医学・生命科学の再編だけでは不十分であり、工学、物理系理学との融合が必要です。大阪大学大学院生命機能研究科は、第一線で活躍する研究者を大学内外から集め、医学系、工学系、理学系の学問を融合した新しい教育・研究体系を創りました。生命機能学に特化しつつ、これからの生命科学の本流の推進という明確な使命を担っています。

本研究科は1専攻7講座で組織されています。前期と後期を区分しない5年一貫制の博士課程により、医学・生命科学と物理学、工学の最先端技術や理論を使いこなし、次世代の生命科学研究の最先端で活躍する人材を育成します。