おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

Th17細胞は繊維芽細胞に存在するIL-6 増幅ループを活性化する事で自己免疫疾患を誘導する

論文誌情報 Immunity 29, 628-636 (2008)
著者 Ogura H, Murakami M, Okuyama Y, Tsuruoka M, Kitabayashi C, Kanamoto M, Nishihara M, Iwakura Y, Hirano T
論文タイトル Interleukin-17 Promotes Autoimmunity by Triggering a Positive-Feedback Loop via Interleukin-6 Induction.
PubMed 18848474

要旨

<研究の背景と経緯>Th17細胞は、最近発見されたTh1、 Th2細胞に続く第3番目のCD4+ヘルパーT細胞の細胞集団 で、活性化すると多くのIL-17を産生する。これまでの研究から、 Th17細胞は、多くの自己免疫疾患(関節リウマチ、糖尿病、自己免疫性 脳脊髄炎等)に重要であることが示されてきた。しかし、Th17か ら産生されるIL-17がどのように多くの自己免疫疾患を誘導する のか不明であった。一方、我々は免疫細胞と繊維芽細胞等の非免疫細胞 の相互作用が自己免疫病の発症に重要である事を報告してきた(Sawa et al., JEM, 2006)。

<本研究の内容>今回、我々はTh17細胞から産生される IL-17がIL-6と協調して繊維芽細胞(1型コラーゲン陽性細胞) に作用して、さらに、多くのIL-6を産生するとい う”IL-17誘導性のIL-6産生増幅ループ”の存在を示し た。このIL-6増幅ループの暴走が自己免疫性関節炎(F759 関節炎)および自己免疫性脳脊髄炎(EAE)に重要である事をマ ウスの生体内にて証明した。

<今後の展開>このIL-6増幅ループを人為的に増強、減弱する事 で、生体の免疫反応をコントロールしてワクチン、癌治療、アレルギー 治療等への応用も可能でとなる。

図1:

0810fig_300.jpg 繊維芽細胞に存在するIL-6増幅ループが、免疫細胞の出す IL-17依存性に暴走すると自己免疫疾患が発症する。