おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2016年
03月
細菌の分泌装置蛋白質の構造を原子レベルで解明!
- 生命に普遍的なATP合成酵素の起源は細菌の毛や毒針? -


今田勝巳(1),南野徹(2),内田裕美子(1),木下実紀(1,2),難波啓一(2,3)
  1. 大阪大学大学院理学研究科
  2. 大阪大学大学院生命機能研究科
  3. 理化学研究所生命システム研究センター


Proc Natl Acad Sci USA 113, 3633-3638 (2016)
26984495

プロトニックナノマシン研究室〈難波教授〉
2016年
02月
外側/尾側大脳基底核原基由来の介在ニューロンの皮質層分布は基底核原基内の発生部位に依存する


鳥越万紀夫(1),山内健太(1),木村俊哉(1),上村葉(1),村上富士夫(1)

J Neurosci 36, 2044-2056 (2016)
26865626

2016年
01月
ストレスがシナプス可塑性に及ぼす長期的影響を評価する新たな系の樹立


齋藤慎一(1),木村聡志(1),安達直樹(2),沼川忠広(2),小倉明彦(1),冨永(吉野)恵子(1)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 国立精神・神経医療研究センター


Sci Rep 6, 19287 (2016)
26765339

神経可塑性生理学研究室〈小倉教授〉
2015年
11月
方位限定環境で育った動物の視覚野細胞は正常よりシャープな選択性を持つ


佐々木耕太(1,2),木村塁(1,3),二宮太平(1,4),田渕有香(1),田中宏喜(1,5),福井雅行(1),朝田雄介(1),新井稔也(1),稲垣未来男(1,2),中園貴之(1),馬場美香(1,6),加藤大典(1),西本伸志(1,2),眞田尚久(1,6),谷利樹(7,8),今村一之(7,9),田中繁(7,10),大澤五住(1,2)

  1. 大阪大学 大学院生命機能研究科
  2. 脳情報通信融合研究センター(CiNet)
  3. Universität Tübingen, 72076 Tübingen, Germany.
  4. 京都大学 霊長類研究所
  5. 京都産業大学 大学院先端情報学研究科
  6. 自然科学機構 生理学研究所
  7. 理化学研究所 脳科学総合研究センター(理研BSI)
  8. 弘前大学 大学院医学研究科
  9. 前橋工科大学 大学院工学研究科
  10. 電気通信大学脳科学ライフサポート研究センター


Sci Rep 5, 16712 (2015)
26567927

視覚神経科学研究室〈大澤教授〉
2015年
10月
マウス胚ノード繊毛においては中心構造体の欠損が回転運動パターンを可能とさせるがその代償として構造配置の不安定性をまねく


篠原恭介(1,*),Duanduan Chen(2,*),西田倫希(3,*),美崎佳寿代(4),米村重信(5), 濱田博司(6)

  1. 東京農工大学工学府生命工学科特任准教授・元大阪大学大学院生命機能研究科助教
  2. 北京理工大学准教授
  3. 一般財団法人日本繊維製品品質技術センター・元大阪大学超高圧電子顕微鏡センター特任研究員
  4. 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター・テクニカルスタッフ
  5. 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター・チームリーダー
  6. 大阪大学大学院生命機能研究科教授

* equal contribution

Dev Cell 35, 236–246 (2015)
26506310

2015年
10月
核膜孔複合体タンパク質による減数分裂期キネトコア構造形成の調節


楊惠如(1),淺川東彦(1),原口徳子(1,2),平岡泰(1,2)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 情報通信研究機構未来ICT研究所


J Cell Biol 211, 295-308 (2015)
26483559

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2015年
10月
ネットワークに内在する情報のベクトル化と制御


木津川尚史(1),八木健(1)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科


Sci Rep 5, 14984 (2015)
26450411

心生物学研究室〈八木教授〉
2015年
10月
リン脂質のメチル化
- 選択的ミトコンドリア分解を制御する新たな細胞内経路の発見 -


榊原佳織(1),英山明慶(1),鈴木翔(1,2),中戸川(酒向)万智子(2),奥村宣明(3),谷元洋(4),橋本絢子(1),南雲吉代(1),岡本(近藤)徳子(1),角田(近藤)千香(2),浅井絵里(2),桐浴裕巳(2),中戸川仁(2),久下理(4),高尾敏文(3),大隅良典(2),岡本浩二(1)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 東京工業大学フロンティア研究センター
  3. 大阪大学蛋白質研究所
  4. 九州大学大学院理学研究院


EMBO J, e201591440 (2015)
26438722

ミトコンドリア動態学研究室〈岡本准教授〉
2015年
09月
セントロメアタンパク質の細胞周期におけるダイナミックな構成変化


Harsh Nagpal(1,2),堀哲也(1),古川亜矢子(3),菅瀬謙治(3),越阪部晃永(4),胡桃坂仁志(4),深川竜郎(1,2)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門
  3. サントリー生物有機科学研究所
  4. 早稲田大学理工学術院先進理工学部


Mol Biol Cell 26, 3768-3776 (2015)
26354420

染色体生物学研究室〈深川教授〉
2015年
08月
NatAによるタンパク質N末端アセチル化を介した選択的ミトコンドリア分解の制御
- マイトファジーの新たな制御因子の発見 -


英山明慶(1,2),岡本浩二(1)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 日本学術振興会特別研究員(DC1)


J Biol Chem 290, 25034-25044 (2015)
26296886

ミトコンドリア動態学研究室〈岡本准教授〉
2015年
08月
距離が変わっても物体の大きさが一定に見える謎「大きさ恒常性」の神経メカニズムを解明
- 3D画像認識技術の改良や視覚変容症例の原因理解に道 -


田中慎吾(1),藤田一郎(1,2)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 脳情報通信融合研究センター(CiNet)


J Neurosci. 35, 12033-12046 (2015)
26311782

認知脳科学研究室〈藤田教授〉
2015年
08月
DNA複製でのクロマチン構造変化をもたらすヒストンH4のアセチル化修飾を発見
- 生細胞イメージングによる直接計測と遺伝学的解析が奏功 -


阮琨(1),山本孝治(2),淺川東彦(1),近重裕次(2),木村 宏(3),升方久夫(4),原口徳子(1,2),平岡泰(1,2)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 情報通信研究機構未来ICT研究所
  3. 東京工業大学大学院生命理工学研究科
  4. 大阪大学大学院理学研究科


Sci Rep 5, 12720 (2015)
26223950

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2015年
08月
蓄積された突然変異が後世代に与える影響の解明に光
- 様々な疾患の治療法開発に役立つマウス変異体も誕生 -


Uchimura A. (1), Higuchi M. (1), Minakuchi Y. (2), Ohno M. (3), Toyoda A. (2), Fujiyama A. (2), Miura I. (4), Wakana S. (4), Nishino J. (5), Yagi T. (1)

  1. KOKORO-Biology Group, Laboratories for Integrated Biology, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University, Suita 565-0871, Japan
  2. Comparative Genomics Laboratory, National Institute of Genetics, Mishima 411-8540, Japan
  3. Department of Medical Biophysics and Radiation Biology, Faculty of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka 812-8582, Japan
  4. Technology and Development Team for Mouse Phenotype Analysis, Japan Mouse Clinic, RIKEN BioResource Center, Tsukuba 305-0074, Japan
  5. Department of Biostatistics, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya 466-8550, Japan


Genome Res 25, 1125-1134 (2015)
なお、本論文は8月4日(現地時間8月3日)付けで、Genome Research誌8月号の表紙に採用されました。
26129709

心生物学研究室〈八木教授〉
2015年
07月
転写不活発な染色体末端(テロメア)が予想外にゆるんでいることを発見
- 超分解能顕微鏡による観察で従来の常識を覆す -


松田厚志(1,2),近重裕次(2),丁大橋(2),大槻千鶴(1),森知栄(2),淺川東彦(1),木村宏(3),原口徳子(1,2),平岡泰(1,2)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 情報通信研究機構未来ICT研究所
  3. 東京工業大学大学院生命理工学研究科


Nat Commun 6, 7753 (2015)
26205977

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2015年
06月
脳幹コリン作動性ニューロンの神経ダイナミクスと随意運動発現機能
- 状況依存的な神経振動現象の発見 -


岡田研一(1,2),小林康(1,2,3,4)

  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 脳情報通信融合研究センター(CiNet)
  3. 大阪大学社会経済研究所
  4. 科学技術振興機構さきがけ


PLoS One (2015)
26030664

視覚神経科学研究室〈大澤教授〉
2015年
05月
眼球運動のわずかな異常から発達障害を早期に診断できる手法を開発
- 子供の発達障害に対する適切なケアの実現へ -


松尾有華(1),渡邊雅之(2),谷池雅子(3),毛利育子(3),小橋昌司(4),橘雅弥(3),小林康(5),喜多村祐里(1)

  1. 大阪大学大学院医学系研究科・社会医学講座(環境医学)
  2. カナダクイーンズ大学
  3. 大阪大学大学院医学系研究科・連合小児発達学研究科
    附属子どものこころの分子統御機構研究センター
  4. 兵庫県立大学大学院工学研究科
  5. 大阪大学大学院生命機能研究科


PLoS One (2015)
26018057

視覚神経科学研究室〈大澤教授〉