おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2013年
03月
40年来の論争に幕
細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!

- さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進 -


濱﨑 万穂(1,2),古田 信道(3),松田 厚志(4,5),根津 亜季子(1,2),山本 章嗣(6),藤田 尚信(1,2),大森 弘子(7),野田 健司(1,2),原口 徳子(4),平岡 泰(5),天野 敦雄(3,8),吉森 保(1,2)
  1. 大阪大学大学院医学系研究科遺伝学教室
  2. 大阪大学大学院生命機能研究科時空生物学講座細胞内膜動態研究室
  3. 大阪大学大学院歯学研究科口腔科学フロンティアセンター
  4. 情報通信研究機構
  5. 大阪大学大学院生命機能研究科細胞ネットワーク講座細胞核ダイナミクス研究室
  6. 長浜バイオ大学
  7. 大阪大学微生物病研究所
  8. 大阪大学大学院歯学研究科予防歯科学教室


Nature 495, 389-393 (2013)
23455425

細胞内膜動態研究室〈吉森教授〉
2013年
02月
炎症誘導機構【炎症アンプ】は様々な病気に関連していた!
- メタボリック症候群など慢性炎症性疾患の新規治療法開発へ -


村上 正晃(1),原田 誠也(1),上村 大輔(1),小椋 英樹(1),奥山 祐子(1),熊井 乃里子(1),奥山 梓(1),Rajeev Singh(1),蔣 菁菁(1),熱海 徹(1),白矢 紗也佳(2),中辻 裕司(2),木下 允(2),上阪 等(4),西田 誠(6),佐古田 三郎(5),宮坂 信之(4),瀧原 圭子(6),平野 俊夫(3)
  1. 大阪大学 大学院生命機能研究科、大学院医学系研究科、免疫学フロンティア研究センター、JST-CREST 免疫発生学研究室
  2. 大阪大学 大学院医学系研究科 神経内科学
  3. 大阪大学 JST-CREST
  4. 東京医科歯科大学大学院医学研究科
  5. 刀根山病院
  6. 大阪大学保健センター

<お問い合わせ>
村上 正晃(ムラカミ マサアキ)
大阪大学 大学院生命機能研究科、大学院医学系研究科、免疫学フロンティア研究センター、JST-CREST 免疫発生学研究室
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
Tel:06-6879-3881
Fax:06-6879-3889
E-mail:murakami@molonc.med.osaka-u.ac.jp

Cell Rep 3, 946-959 (2013)
23434511

2013年
01月
核膜内膜タンパク質LBRが認識するヒストン修飾を発見


平野泰弘(1),日詰光治(2),木村宏(1),竹安邦夫(3),原口徳子(4),平岡泰(1)
  1. 大阪大学大学院生命機能研究科細胞核ダイナミクス研究室
  2. 国立遺伝学研究所微生物遺伝研究部門
  3. 京都大学大学院生命科学研究科
  4. (独)情報通信研究機構未来ICT研究センター


J Biol Chem 287, 42654-42663 (2012)
23100253

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2013年
01月
微小な水流が生命の左右非対称性をつくる機構解明
- 水流シグナルを伴う生理現象と病態の理解へ -


Tetsuya Nakamura (1), Daisuke Saito (2), Aiko Kawasumi (1), Kyosuke Shinohara (1), Yasuko Asai (1), Katsuyoshi Takaoka (1), Fenglan Dong (1), Atsuko Takamatsu (3), Jose Antonio Belo (4), Atsushi Mochizuki (2), Hiroshi Hamada (1)
  1. Developmental Genetics Group, Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University, and CREST, Japan Science and Technology Corporation (JST), 1-3 Yamada-oka, Suita 565-0871, Japan
  2. Theoretical Biology Laboratory, RIKEN Advanced Science Institute, 2-1 Hirosawa, Wako 351-0198, Japan
  3. Department of Electrical Engineering and Bioscience, Waseda University, Tokyo 169-8555, Japan
  4. IBB–Institute for Biotechnology and Bioengineering, Centro de Biomedicina Moleculare Estrutural, Universidade do Algarve, Campus de Gambelas, Faro 8005-135, Portugal


Nat Commun 3, 1322 (2012)
23271656

2012年
12月
まばたきの新たな機能を発見
- 映画を見ているときの脳活動計測でその役割が明らかに -


中野珠実(1,2,3),加藤誠(3,4),森戸勇介(3,4),糸井誠司(4),北澤茂(1,2,3)
  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 大阪大学大学院医学系研究科
  3. 脳情報通信融合研究センター(CiNet)
  4. 情報通信研究機構 脳情報通信研究


Proc Natl Acad Sci USA 110, 702-706 (2012)
この論文はThis week in PNASに選ばれました。
23267078

ダイナミックブレインネットワーク研究室〈北澤教授〉
2012年
12月
磁性細菌(注1の驚異的高速遊泳を可能にする 水平連結六方7連べん毛モーター
仕組み解明!



Juanfang Ruana(1),Takayuki Katoa(1),Claire-Lise Santinib(2),Tomoko Miyataa(1),Akihiro Kawamotoa(1),Wei-Jia Zhangb(2),Alain Bernadacc(3),Long-Fei Wub(2),Keiichi Namba(1,4)
  1. Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University, Suita, Osaka 565-0871, Japan
  2. Laboratoire de Chimie Bactérienne, Unité Mixte de Recherche 7283, Aix-Marseille Université, Centre National de la Recherche Scientifique, F-13402, Marseille Cedex 20, France
  3. Service de Microscopie, Aix-Marseille Université, Institut de Microbiologie de la Méditerranée-Centre National de la Recherche Scientifique, F-13402, Marseille Cedex 20, France
  4. Riken Quantitative Biology Center, Suita, Osaka 565-0871, Japan


Proc Natl Acad Sci USA 109, 20643-20648 (2012)
23184985

プロトニックナノマシン研究室〈難波特任教授〉
2012年
10月
入力線維に由来する分子が大脳皮質ニューロンの生存と樹状突起形成を促進する


佐藤晴香(1),福谷祐真(1),山本悠二(1),多田羅英一(1),竹本誠(1),嶋村健児(2),山本亘彦(1)
  1. 大阪大学大学院生命機能研究科
  2. 熊本大学発生医学研究所


J Neurosci 32, 15388-15402 (2012)
This Week in The Journalとして特集されました。
23115177

細胞分子神経生物学研究室〈山本教授〉
2012年
10月
細菌の遺伝子分配の仕組みを解明
- 子々孫々まで遺伝子を伝え増殖するメカニズムの本質に迫る -


P. Gayathri(1),T. Fujii(2,*), J. Møller-Jensen(1,+),F. van den Ent(1),K. Namba(2,3),J. Löwe(1)
  1. MRC Laboratory of Molecular Biology
  2. 大阪大学大学院生命機能研究科
  3. 理化学研究所生命システム研究センター

*:現所属は理化学研究所生命システム研究センター
+:現所属はUniversity of Southern Denmark

Science 338, 1334-1337 (2012)
この論文はScience誌Vol. 338 no. 6112の表紙を飾り、掲載されました。
...  
当研究成果はNHK「おはよう日本」で紹介されました。
23112295

プロトニックナノマシン研究室〈難波特任教授〉
2012年
09月
神経細胞の移動する様子を生きたマウス胎仔で観察することに成功
- 胎生期における脳形成の理解に貢献 -


柳田光俊,三好良太,豊國龍平,Yan Zhu,村上富士夫

Proc Natl Acad Sci USA 109, 16737-16742 (2012)
23010922

2012年
07月
CTCFは神経細胞におけるクラスター型プロトカドヘリン遺伝子の確率的発現と神経回路形成に必須である。


平山晃斉,足澤悦子,吉村由美子,Niel Galjart,八木健

Cell Rep 2, 1-13 (2012)
この論文はCell Reports誌Volume2, Number2の表紙を飾り、掲載されました。
22854024

心生物学研究室〈八木教授〉
2012年
06月
PGC7はヒストンH3K9me2との結合を介して受精卵における5mCから5hmCへの変換を阻害する


中村肇伸,劉有容,中島啓行,楳原宏紀,井上貴美子,的場章吾,立花誠,眞貝洋一,小倉淳郎,仲野徹

Nature 486, 415-419 (2012)
22722204

病因解析学研究室〈仲野教授〉
2012年
05月
減数分裂特異的なノンコーディングRNAが減数分裂における相同染色体対合を強固にする


丁大橋,岡正華澄,山根美穂,堤千尋,原口徳子,山本正幸,平岡泰
Ding DQ, Okamasa K, Yamane M, Tsutsumi C, Haraguchi T, Yamamoto M, Hiraoka Y

Science 336, 732-736 (2012)
22582262

細胞核ダイナミクス研究室〈平岡教授〉
2012年
05月
紫外線高感受性症候群原因遺伝子の発見と転写と共役したDNA修復における機能解析


張雪,堀端克良,西條将文,石上智愛,鵜飼明子,菅野新一郎,田原英俊,Edward G. Neilan,本間正充,能美健彦,安井明,田中亀代次

Nat Genet 44, 593-597 (2012)
22466612

細胞機能学研究室〈西條准教授〉