おもろい研究!君ならできる、ここでできる|新しい生物学・生命科学を拓く大学院|大阪大学大学院生命機能研究科

English

研究成果

年月 概要 PubMed 研究室HP
2010年
02月
平面内細胞極性によるノード繊毛の回転軸方向の決定


Masakazu Hashimoto, Kyosuke Shinohara, Jianbo Wang, Shingo Ikeuchi, Satoko Yoshiba, Chikara Meno, Shigenori Nonaka, Shinji Takada, Kohei Hatta, Anthony Wynshaw-Boris and Hiroshi Hamada

Nat Cell Biol 12, 170-176 (2010)
20098415

2010年
01月
非標準有限差分時間領域法を用いたモルフォチョウの構造色の研究:交互に重なる棚構造と高密度のリッジがもたらす効果


Dong Zhu, Shuichi Kinoshita, Dongsheng Cai and James B. Cole

Phys Rev E 80, 051924 (2009)
20365023

2009年
12月
マイクロRNA前駆体核外輸送複合体のX線結晶構造解析


岡田千真理,山下栄樹,李守宰,柴田理志,片平じゅん,中川敦史,米田悦啓,月原冨武

Science 326, 1275-1279 (2009)
19965479

2009年
08月
明るい所で素早く動く物体を検出できる仕組みの一つが明らかになりました。


Norihiko Takemoto, Shuji Tachibanaki, and Satoru Kawamura

Proc Natl Acad Sci USA 106, 11788-11793 (2009)
19556550

細胞内情報伝達研究室〈橘木准教授〉
2009年
07月
プロトカドヘリンαファミリーは、セロトニン神経の標的脳領域における正確な神経支配に必須である


Shota Katori, Shun Hamada, Yukiko Noguchi, Emi Fukuda, Toshifumi Yamamoto, Hideko Yamamoto, Sonoko Hasegawa and Takeshi Yagi

J Neurosci 29, 9137-9147 (2009) ※COVER ILLUSTRATIONに選抜
19625505

心生物学研究室〈八木教授〉
2009年
05月
ミオシンVIの一方向運動のためのブラウン運動整流機構


M. Iwaki, A.H. Iwane, T. Shimokawa, R. Cooke, T. Yanagida

Nat Chem Biol 5, 403-405 (2009)
19430485

2009年
05月
ケモカインが脳の神経核形成に重要な役割を果たしている。


Zhu, Y, Matsumoto, Y., Mikami, S., Nagasawa, T., Murakami F.

Development 136, 1919-1928 (2009)
19429788

2009年
04月
学習に関与する脳内報酬予測誤差信号の計算過程を明らかに


Ken-ichi Okada, Keisuke Toyama, Yuka Inoue, Tadashi Isa and Yasushi Kobayashi

J Neurosci 29, 4858-4870 (2009)
19369554

視覚神経科学研究室〈大澤教授〉
2009年
04月
感染で発現する肝臓由来のIL-7はT細胞の反応性を制御している


Yukihisa Sawa, Yasunobu Arima, Hideki Ogura, Chika Kitabayashi, Jing-Jing Jiang, Toru Fukushima, Daisuke Kamimura, Toshio Hirano, and Masaaki Murakami

Immunity 30, 447-457 (2009)
19285437

2009年
04月
神経軸索が脳の前方へと伸長するメカニズムの解明


Kenta Yamauchi, Shigeki Mizushima, Atsushi Tamada, Nobuhiko Yamamoto, Seiji Takashima, and Fujio Murakami

J Neurosci 29, 4044-4055 (2009)
19339600